合氣道神武錬成塾・石村道場開き…平成24年10月

b0212413_201845.jpg
合氣道神武錬成塾の傘下として、古川(都築)道場に続いて二つ目の 合気道専門道場が大崎市古川に開設されました。道場長は石村基先生です。今まで古川の北中学校の武道館と古川武道館をお借りして二ヶ所で石村教室として指導しておりました。それはそのままで、今回本部としての機能を持つ専門道場を自宅の敷地に建設したわけです。
名称は「合氣道神武錬成塾石村道場」そして、今までの教室は少し長くなりますが、「合氣道神武錬成塾石村道場北中学教室」「合氣道神武錬成塾石村道場古川武道館教室」となります。略称は「石村道場北中学教室」「 石村道場古川武道館教室」となります。
b0212413_201318.jpg
10月14日10時から、私が祭主となり、祝詞奏上、玉串拝礼と神事を執り行いました。
両教室の子供さん、一般部の塾生、近所の方、古川体育協会の事務局長さんも来て下さいました。角田教室の小野寺さん、利府道場の池田さんもお祝いにかけつけてくれました。
神事の後、石村道場長の御礼のご挨拶、私が祝辞を述べ無事式典は終了致しました。小休止を挟みこけら落としということで、子供さんも含め一般部の初稽古を行いました。約50分行いました。
そして、秋晴れの素晴らしい天気の中庭に出て参列者皆さんで、お祝いに本格的に臼と杵を使って餅つきを行いました。
b0212413_2031559.jpg
この臼と杵は毎年1月に合氣道神武錬成塾本部で行う鏡開きに石村さんからお借りするものです。
餅つきが終わったところで、第一部の神事、第二部の稽古、第三部の餅つきに続き、第四部の直会(なおらい)です。よく直会という言葉を使いますが、神様に捧げた神饌品(お供え物)をお下げして皆で頂くのが直会です。従って神事が無くて行うのはただの宴会に過ぎません。
本来は日本の伝統文化なのですから日本のどこであっても専門道場を開設される時はぜひ神事を行っていただきたいと思います。
b0212413_2021736.jpg
もう一つ蛇足ですが、日本酒は神様に捧げるまでは単なるお酒ですが神様に捧げ、お下げしてきた時にはお神酒(みき)に変わります。
そのお神酒で乾杯をし、ひとときの談笑後お被楽喜となりました。
この道場で私の師匠が提唱される「一人でも多くの人に合気道を !」実践されることを祈りながら道場を後にしました。
石村先生道場開設本当におめでとうございました。

b0212413_2023769.jpg
b0212413_2024627.jpg
[PR]
by shinbu_369 | 2012-11-19 20:07