鶴岡八幡宮菖蒲祭・奉納合気道演武大会…平成25年5月

…鶴岡八幡宮研修道場 創建30周年記念…
 昨年に引き続き、A.K.I(合気道研究会インターナショナル)代表の武田義信先生よりご招待をいただき、竜次道場長と一緒に参加させていただきました。本年は副題の通り、鶴岡八幡宮研修道場創建30周年の節目となる記念大会でした。
 昨年は、ゴールデンウィークの最後の日でしたから、前日に鎌倉で宿泊し9時の八幡宮の団体代表の正式参拝から参列させていただきました。今年は11日(土)ということで前日は二人とも指導があり、当日の朝仙台を 一番の新幹線で出発し、9時半頃に鶴岡八幡宮の研修道場に着きました。
b0212413_22514895.jpg
 着替えて間もなく、10時から「道主・奉納研修稽古」と銘打っての道主の講習会が始まりました。200畳以上ある道場も人、人、人でいっぱいです。大きく動いての受けは出来ませんが、皆さんぶつからないように気をつけながら稽古を続けます。窓は開いていましたが、あいにくの雨で、湿度も高かったのでしょう。どなたも汗びっしょりです。
 休憩を取ることもなく、約1時間半基本的な技を道主から説明をいただき無事終了いたしました。竜次道場長は道場の真ん中に行き、道主付き人の日野指導員、内田指導員とも稽古していましたし、道主にも見取りに一度使っていただきました。
 私も道場の真ん中で多くの方と稽古させていただきました。やはり汗びっしょりです。
 少休憩の後「奉納演武大会」が始まりました。
b0212413_22531532.jpg
 演武大会のプログラムの表紙には、昨年同様「2011.3.11 東北大震災・復興祈願」と赤字で書かれておりました。ありがたいことです。
 演武大会は二部構成です。A.K.Iの指導者演武から始まりました。指導者演武は4部構成、また神奈川県合気道連盟加盟団体演武は2部構成となっています。この中に私の明大合気道部の先輩であり、現明大合気道部監督・相模原市合気道連盟理事長の五十嵐和男先生がおられます。
 今年は特別奉納演武として、武田先生の後輩にあたるそうですが、稲葉 稔明治神宮前・至誠館館長が見事な鹿島神流の剣を披露してくださいました。
 武田義信先生の素晴らしい演武も拝見させていただきました。また、私も賛助団体演武6団体の中の一つとして演武させていただきました。
b0212413_22571210.jpg
 演武というものはいつ行ってもほんとに難しいものです。演武が終わって満足をしたことは一度もありません。
 最後に植芝守央道主による、いつもながら華麗であり、力強さの中にもどことなく美しくて何とも言えない品のある総合演武で幕を閉じました。
 終了してからも、雨の降りしきる中を皆さんそれぞれの思い出を残して解散、鎌倉を後にいたしました。

b0212413_22573364.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2013-06-01 22:50