菅沼守人先生講習会…平成26年7月

b0212413_13184572.jpg 本部の新年行事「全国道場・団体連絡会議」「新年賀詞交歓会」「鏡開き」「全日本合気道連盟理事会」そして「全日本合気道演武大会」など、年に何度かお逢いした時に親しくお話をさせていただいている合気道祥平塾の菅沼先生に何年か前から講習会に来て頂けるようにお願いしておりましたが、なかなか実現しませんでした。
 というのも私どもの年間スケジュール計画が決定するのが、だいたい2月下旬から3月初旬です。というのは、合気会、全日本合気道連盟、東北合気道連盟、宮城県合気道連盟、そして、お世話になっている小林道場、五十嵐道場の年間の行事が出揃って、空いている日を見ながら自分の道場の日程を組んでいきますから、どうしても前述のような期間になってしまうのです。菅沼先生は1月の祥平塾の鏡開きで年間のスケジュールを決めてしまわれるそうで、私がお願いする日はすでに他の行事が決まってしまっていますので、入る余地がなかったということなのです。では、私どものスケジュールも1月に決めてしまえばいいようなものですが、その後で東北合気道連盟、宮城県合気道連盟(公の武道館を借用する関係上、その決定の時期がやはり2月下旬から3月上旬)などの行事が決まりますので、菅沼先生を前もって招聘する日を決めていても、それらと重なる可能性があるわけです。重なってしまえば、自分の道場の予定を優先して東北、宮城県の行事を欠席するわけにもいかないので、日程の調整が悩みのタネであったわけです。
b0212413_1319128.jpg
 ところが今年は例年になく、全東北合気道演武大会も宮城県合気道連盟の講習会も本部の鏡開きの前に決定しましたので、私どもの空いている土・日が明確になりました。
また、菅沼先生も「今年こそは行って上げなくては」と思っておられたようで、7月26日~27日に決定を致しました。
 時期的に、東北地方はまだ「梅雨が明けていないか」、最近の傾向では早々と明けた途端「猛烈な暑さ」になるかという頃ですので天候が一番心配の種でした。
 実際には、気象庁の発表で東北南部(仙台)の梅雨明けは平年より3日遅く、昨年より10日早い7月28日という講習会の翌日のことでした。
 両日共晴れの良い天気でしたが26日は30,3度、27日は32,8度というかなり暑い気温となりました。
 先生と一緒に福岡から来仙された森山さん。以前転勤で仙台にいた時に一緒に稽古していた大阪在住の上野さん、埼玉在住の野元さんの4人を門馬指導員夫妻と共に仙台空港でお迎えし、最初に空港近くの名取市閖上(ゆりあげ)港近辺の津波跡を案内させていただきました。…3,11以来仙台空港でお客様をお迎えする時は、時間があれば津波跡を見ていただいています。…ほとんど跡形もない広大な閖上団地、家屋の土台のコンクリートだけがほんの少し残っている所がなければ、もともとは空き地であったように雑草が生い茂っておりました。祥平塾の方々は実際の津波跡を見て少なからず衝撃を受けておられました。
 その後、電車で来られた静岡からの佐藤さん、東京からの豊倉さんご夫妻を道場長が仙台駅でお迎えし、仙台城址で合流しました。お城がないのが残念ですが城跡を見ていただきました。
b0212413_13193078.jpg
 青葉山にお城がありましたので、通称「青葉城」と言うのですが正式には「仙台城」です。高台に城跡がありますので仙台市が一望出来ます。遠くには太平洋が望めます。昼食は当然仙台名物の牛タンです。一服の後、講習会会場である仙台南道場に向かいました。
 飛行機が取れないために、なんと前日から電車を乗り継いで福岡から来られた板井さんと奇しくも道場前で同じ時間に出会いました。祥平塾の方は先生を含めますと結局8名も来てくださいました。
 講習会は気温の高さと菅沼先生のご指導で暑き熱気に包まれ、かなりの暑さです。14:30~17:00の2時間半です。道衣がびしょ濡れです。祥平塾の方々はそれぞれ道衣を2枚用意してきていました。
b0212413_13194326.jpg
 講習会の後道場で歓迎会です。祥平塾の方8名、神武錬成塾の塾生18名の26名での懇親会となりました。ふつう塾生の皆さんは車なので、道場での懇親会にはあまり出られないのですが、多くの方が参加してくださいました。いつも差し入れをしてくださる櫻田指導員の奥様の手料理の差し入れ、また由美さんの仙台の郷土料理「おくずかけ」などもあり、ビール、お酒、焼酎と大いに盛り上がった懇親会となりました。明日もありますので残念ながら20時頃に解散し、仙台駅前で祥平塾の皆さんと私、道場長、門馬夫妻の12名で二次会。ここでも楽しい会となりましたが、23時頃に明日のことも考えお披楽喜といたしました。
 翌日は10:30~12:30と2時間でしたが昨日をさらに上回る気温でした。
菅沼先生が指導して下さるので、特に見込みのある中・高校生に参加するよう勧めたのですが、雲の上のような偉い先生がわざわざ回って来て手を取ってご指導いただいたと大変喜んでおりました。中学高校の若者にとってこのような体験は将来の人間形成に必ず役に立つのではないかと思います。若者だけでなくほとんどの塾生が講習会を心から楽しんだようです。また祥平塾の皆様も気持ちよく塾生と交流を楽しんでおられました。
b0212413_13195753.jpg
 講習会の後は、車2台で松島を時間までご案内いたしました。最後は「西行戻りの松」で私は空港組、道場長は駅組と二手に分かれてお送りいたしました。
 菅沼先生をはじめ今回来仙された祥平塾の方々は皆さんほんとに気持ちの良い方ばかりでした。菅沼先生のお人柄を私はよく存じ上げておりましたが、良き師の下に良き弟子は集うのでしょう。私自身も皆様と初対面とは思えぬほど稽古、飲み会、道中での語らい等心から楽しませていただきました。
 菅沼先生に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
◆菅沼先生講習会の写真はこちら
b0212413_1320853.jpg

b0212413_13201776.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2014-10-10 13:21