<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

3・11大震災後、二ヶ月たった頃から河北新報に訃報広告が頻繁に掲載されるようになりました。
複数のお名前が掲載されている場合はすべて震災によりと書かれています。二人連名、三人連名もほんとに多く見られましたが、中でも一番悲惨に思われましたのは、「父・母・妻・長男・次男」を亡くされた喪主の方です。心中いかばかりかとお察し申し上げるほかにはありません。
私のところの塾生も震災後、家とお母さんを流された、お祖父ちゃんを流された、祖父母の家が流された、会社が無くなった、支店がなくなり転勤した、会社の再建が危ぶまれリストラにあった、車を流された、一階部分が浸水し未だに二階に住んでいる。避難所に行ったのはいいが、一週間はおにぎり一個とパン一つしかなく痩せてしまったなど等……震災にまつわる不幸な話は一杯伝わってきました。
b0212413_1644288.jpg
ほんとにその都度涙なくしては聞けないものばかりです。
が、このたびもっとも衝撃なことをお聞きしました。小学2年生の女の子Wちゃん。
 4歳のときに塾に入り、喜んで合気道の稽古をしていたWちゃんですが、震災前の2月お母さんから電話が入り、親(Wちゃんのお祖父ちゃん)の痴呆が激しくなり一時も目を離せないので合気道の送り迎えが困難になったとのことで、落ち着くまで退会したいとのことでした。「退会しなくとも落ち着いたらまた来られるように休会にしておいたらどうでしょうか?」と言ったのですが、「落ち着くまで何年かかるか分かりませんので一度退会します」とのことでした。もちろん「落ち着く」ということは「死」を意味しますから、早く復帰してくださいとはいえません。「早く復帰できると言うことは早く死んで」ということになってしまいますので、分かりましたとだけしか答えることは出来ませんでした。
 そして、あの大震災。Wちゃんの住まいは津波にあった亘理町の荒浜です。心配をしていましたが、避難所でWちゃんの姿を見かけたという人がいましたので、まさか小学2年生の子供が一人で避難所にいるはずはないので家族の方と一緒に避難しているものとばかり思っていました。
 ところが、最近教えていただいたのですが、「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さん、妹さん家族全員」が津波に飲み込まれ、学校にいたWちゃん一人助かったのだそうです。そして中国地方のお母さんの実家に引き取られて行ったというのです。お母さんの実家ということは先方にとってはかわいいお孫さんですから、おばあちゃんの家に引き取られたのであればかわいがってはもらえるでしょうが、Wちゃんの心の奥にとてつもない悲しみのトラウマがいつまでも残ってしまわないか、可哀想なんて一言で片付けられない何ともやるせない思いです。
b0212413_16414328.jpg
 財産(物質的な物)でも宮城県の瓦礫は通常の23年分だそうです。今瓦礫を撤去していますがほとんど片付いていません。これには行政の予算のつけ方がよくないように県知事は発言しております。国でお金を出すのだがそのやり方が市町村にとってはとてもやりづらいとのことですし、目に見えないところに片付けるまでに3年、実質的に片付くまでには何年かかるか分からないと見通しが全く立っていません。3ヶ月近くたってもこれでは被災者はどうなるのでしょう。
そして全国に散らばったこのような悲惨な方たち、また原発で苦しんでいる福島の方々も全国に散らばっていることでしょう。このような方々の心のケアを国は真剣に考えているのでしょうか。
 こんな話しも聞きました。ある避難所に100人いた、そしておにぎりが80個しか届かなかった。これでは一人一個当たらないから配るのはやめて持ち帰り結局腐らせて捨ててしまったとのことです。こんなことはブラックジョークであって欲しい。しかしこれが現実、残念ながら事実だそうです。
 日本人の我慢強さが外国で賞賛されています。数が足りなくて行政がうまく分けられなくとも、本日はこれだけしかおにぎりがありません。ここにおきますから皆さんで分けてくださいと言えば、被災者同士がうまく分けるでしょう。決して取り合いの喧嘩なんかするはずがありません。しかし、行政は不平等なことはできないといってお腹のすいた被災者を目の前におにぎりを持ち帰って結局腐らせてしまったということです。
 この持ち帰った職員も他の所でそんなことが有ったと聞けば何を馬鹿なことをしているのだと思うでしょう。が自分が同じ立場になったとき、一部の人の非難を恐れて結局このような態度を取ってしまう。今日の日本の悪い平等思想に行政はにっちもさっちも行かない状況に置かれているのです。個人個人はほんとに優れているのに、とても残念なことです。
b0212413_16415972.gif
 昨日の「内閣不信任案」に対する民主党の内紛、どたばた劇、あきれてものもいえません。口を開けば国民のためと言っていますが、ほんとに国民のためを思っている政治家は何人いるのでしょう。
[PR]
by shinbu_369 | 2011-06-03 15:44