<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0212413_0152469.jpg
「第47回 合気道小林道場 岩井合同合宿」が10月6日~7日行われました。
最初の頃は分かりませんが、私が知る限りにおいては長年の間この合宿は2泊3日で行っていました。私ももちろん参加したことがありますし、竜次も参加したことがあります。
私が参加させていただいた時には、私自身まだプロになっていませんでしたし、小林道場の第一世代といわれる指導員(五十嵐和男、畑山憲吾、堀越春芳、長谷川弘幸の各先生方)がバリバリと指導されている時でした。大変多くの会員さんが集い、時には和気あいあいと、時には厳しく稽古をし、また懇親会では大いに飲み騒いでおりました。一見して猛者ばかりのような雰囲気がありました。
b0212413_0154011.jpg
小林道場の隆盛の歴史からいえば、各地に支部道場が出来てきた頃が「第一期黄金時代」とすれば、まさしくその頃は「第二期黄金時代」ではなかったでしょうか。
そして、現在は小林保雄先生が総師範となられ、御子息弘明さんが道場長となり、道場長を中心とした若手の指導員が活躍されている「第三期黄金時代」へと歴史は確実に移っていっています。
小林道場40周年記念岩井合宿は17ヶ国260名もの方々が合宿に参加されたと総師範ブログには書かれています。海外からの参加者の予定、費用などの関係でその年は1泊2日で行い、それを機に指導部で合宿の再検討を行い、指導面での充実、各道場間の交流などさまざまなことを考え、現在の1泊2日の合宿に変更したとのことです。
小林保雄先生の素晴らしいところは成功体験を惜しげもなく捨て、次のステップに移っていくことです。普通今まで成功してきたことを変えるということはなかなか出来るものではありません。とことん悪くなってからようやく変えるというのが一般的なやり方です。
それが、いとも簡単に変えてしまわれるのです。それが次の飛躍につながっていくのですから、小林先生の見識の深さにはただただ驚嘆するばかりです。
b0212413_0155851.jpg
3年前から私も招聘され、本年も「特別師範講習」ということで群馬県の荒井俊幸先生と共に参加させていただきました。
本年の参加者は100余名で、稽古は4クラスに分けられています。
小林道場の指導員が指導する「有段者クラス、初心者・有級者クラス、剣・杖を中心とした有段者クラス」と荒井先生、私が担当する「特別講習」の4クラスです。参加者はどのクラスにも自由に選んで参加することが出来ます。また、自主稽古の時間を設け指導部員が巡回し、自由に質問が出来ます。このようなシステムで合宿が出来る道場はなかなかないのではないかと思われます。
初日の稽古は2回組まれており、稽古が終われば夕食です。だいたい合宿といえば夕食を兼ねて懇親会を開きますが、小林道場ではまず夕食です。そして、1時間休憩した後懇親会が改めて始ります。飲み過ぎることもないし、飲まない方、飲めない方にはほんとによい懇親会だと思います。悪酔いもしないことでしょう。
b0212413_0162410.jpg
さて、2日目は早朝海岸を散歩、朝食前に「総師範合同稽古」です。全員が一堂に会し小林保雄先生の指導を受けます。小林先生が率先して受けを取りながらの指導です。参加者一同笑いに包まれたり真剣になったりと先生独特の指導方法です。それが終わって朝食、そして最後の3回目のクラス別稽古です。全4回の稽古が終わり、再び自主稽古。
全稽古が終ってすぐ帰る人もいます。ほとんどの方はカレーライスの昼食をいただいてから、三々五々車で帰る人、そして岩井駅から東京方面に帰る人など、またと再会を約束し、充実したひと時を過ごした晴れ晴れとした顔で別れを告げて帰って行きました。
荒井先生はお弟子さんと車で来られていましたから、そのまま北原館でお別れをしました。昨年同様私と一緒に参加した私どもの指導員・細山勇さんと共に小林先生と特急「新宿さざなみ2号」で蘇我駅まで同乗し、私たちは東京駅に向かうためそこで小林先生とお別れをいたしました。先生たちは新宿までその電車に乗って行かれます。何人かの方も蘇我駅で降り、一緒に東京方面に向かいました。ついでに、……東京駅で新装なったという駅舎を見学、外から写真も撮ってまいりました。……
小林先生を始め、荒井先生、小林道場の道場長、指導員の皆さま、合宿に参加されたすべての皆さまに感謝申しあげます。ありがとうございました。
b0212413_0163434.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2012-10-27 00:16
b0212413_0475981.jpg
昨年の大震災の後、合気道高城道場・道場長 高城寛子先生からお見舞いをいただきました。何かお返しを と思いましたが私が出来ることは合気道です。落ち着いたらいつか高城道場で講習会を開いていただき「合気道の指導」でお返ししたいと思い、高城先生にその旨を伝えておいたところ実現したのが今回の講習会です。
9月23日は「本部道場創建80周年、財団認可70周年」の記念祝賀会の参列のために上京する予定でしたが、その前日はちょうど祝日にあたり私のところも稽古がないので9月22日ということになりました。
京王新線・幡ヶ谷駅で高城道場の方のお迎えを受け、渋谷スポーツセンター第二武道場までご案内をいただきました。13時半から15名の方の参加で始めさせていただきました。
b0212413_048770.jpg
男女約半々。いつもそうですが講習会で何を指導するかを事前に決めていきません。だいたいのことは考えていきますが、その場に集まった方に参考になる内容でなくてはなりませんし、普段稽古しているのと同じではつまらないものになってしまいます。せっかく期待? して集まってくださった方々に喜んでいただき、かつ今後に少しでも役に立っていただかなくては意味がありません。ですから、初めて行くところは何を指導するか決められないのです。偉そうに言わせてもらえれば、指導を受ける方々にとって難しすぎても、易しすぎても参考にはなりません。自分でその場の雰囲気、集まってくださった方々を見て何を主眼とするか、ちょうどよいと思う技を指導する必要があります。これが私の一つの修行ともとらえています。指導する者と指導される者の求めるところ、レベルなどが一致すれば、良い講習会であったとなりますし、一致しなければつまらなかったということになってしまいます。
b0212413_0481628.jpg
そういう意味では、良い講習会であったといわれるように考えながら指導させていただきますので、緊張することも多々あります。
今回は、入身・転換…前受け身を取る中で考え、女性が半分いますので力任せの技ではなく、相手が力を入れてきた時に、いかに「力を抜きつつ技に持っていくことが出来るか」というテーマを自分に課し指導させていただきました。
自分でも十分にできるかどうか非常に難しいテーマです。技が効かなくなるとついつい力を入れたくなります。というか自然に力が入るのが普通の人だと思います。初めての方を相手に試行錯誤を繰り返しながら稽古するのもまた、非常に楽しいものです。あっという間に終了予定の15時半になってしまいました。皆さんに納得していただけたか、満足していただけたかはわかりませんが講習会は終了。記念撮影の後、伊従さんの車に乗せていただき、相模原市の橋本にある高城道場に案内していただきました。一階はご主人が営業なさっているお豆腐屋さん、その三階に高城道場があります。子供さんも指導されているので、その時は「合気道わんぱく道場」一般の部では「合気道高城道場」というのだそうです。
b0212413_0482599.jpg
ご主人誠先生の手作りに娘さんも息子さんもお手伝いをされて家族全員で作ってくださった手料理で、講習会の後の懇親会ということになりました。
おいしい手料理をいただきながら高城先生、会員の方と色々のお話しをしていると時の経つのはほんとに早いものです。
その日はちょうど五十嵐和男先生のご長男の結婚式があり、ハワイからロバート久保先生夫妻も橋本に見えていました。高城道場から3分くらいの所のお寿司屋さんに居られるということで、名残惜しいのですが中締めということでその場を後にし、五十嵐先生ご家族、久保先生ご夫妻と合流し、しばらくの歓談となりました。ご長男の結婚式の話題とともに、来年の6月は久保先生の主催される《田舎道場・50周年》、《五十嵐道場・30周年》の記念行事がハワイで開催されます。久保先生からは出来るだけ多くの方をハワイにお連れくださいという要望をいただきました。来年は多くの方をお誘いし、皆さんでハワイを訪れ盛大にお祝いをしたいものだと思いました。
明日のこともありますので早めに切り上げて(五十嵐先生から事前にお知らせをいただいておりましたから、ロバート久保先生ご夫妻と同じホテルを予約していましたので)、五十嵐先生に送られて、久保先生ご夫妻と一緒にホテルに向かいました。
高城道場…高城寛子先生、誠先生ご家族の皆さま、高城道場の会員の皆さまありがとうございました。深く感謝申し上げます。
b0212413_048364.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2012-10-13 00:26
b0212413_0233884.jpg
6時15分起床、6時30分玄関前に集合ですが、今年は一班集合に遅れました。遅れた班長は原因も皆に迷惑をかけたことも十分に分かっているでしょうから、何も言わずに不問にいたしました。
準備運動を行って、今度は班ごとではなく、学年に分かれてのトレーニングです。
私はいつも最少学年の1年生を受け持ちますが、高学年、中学生グループに行くほどきつくなります。体力に合わせて自己申告で学年を下げても、上げてもいいのですが、下げる子供はいても、上げる子供は少ないようです。ホテルがちょうど坂道にありますので、そこから右に行っても左に行っても坂になります。
右に行くと最初は上りですが、帰りは下りになります。
b0212413_0272620.jpg
当たり前ですが、左に行くと最初は下り坂ですが、帰りは上り坂となり大変きついことになります。それでもたいていのグループは最初に坂を下っていきます。今年も遠藤君の中学生・高校生グループは大変きついコースを辿ったようでした。
7時30分までに帰ってきて全員で打ち込みを行い朝のトレーニングは終了です。トレーニングの後、山形に住んでいる柚那さんのお祖父ちゃん、お祖母ちゃんの差し入れのミニトマトを配って全員でおいしく頂きました。感謝!深謝!です。
そして、待ちに待ったバイキングの朝食。子供たちは自分の好きなものが食べられるのでバイキングの食事は大好きです。
b0212413_0181296.jpg
食事を終えたら、部屋の片づけをして、昨日配られたおそろいのTシャツを全員が来て、ホテルの伊藤部長の案内で蔵王の山頂に向かいます。
ロープウエイの乗り場までまずは歩いて行き、50人乗りのゴンドラに二手に分かれて乗り込み山頂へ。昨年は霧がかかって残念ながら景色はいまいちでしたが、今年は青空。蔵王の山々が一望に見渡せて眺めは最高でした。そこで小休止の後ドッコ沼までまた歩きです。中学生の何人かは100人分のジュースを手分けして、手に持っての歩きです。ここでも人のためになることをしている子供がいるのです。
ドッコ沼でジュースをいただき一休み。沼に笹舟を浮かべたり、中には「昨年の笹舟がないか探したがなかった」と言っている子供もいました。全員で記念撮影をして、今度は4人乗りのスカイケーブルで降りて行きます。これは班ごとではなくそれぞれ気のあった子供たち4人が組みます。これも楽しみの一つのようです。100名が4人ずつに分かれて乗りますから、スカイケーブル25台。最初のグループから最後のグループまではかなりの時間差となりますので、ホテルに着いた者から順に自由時間となります。
b0212413_0184377.jpg
12時になると昼食。ほとんどの子供が大好きなカレーです。その後、道着の帯の正しい結び方。今年は自分が結べるだけではなく、上級生は下級生の帯が結べるように練習をいたしました。それぞれの道場・教室に帰って指導員のお手伝いができるのではないでしょうか。大いに期待です。
帯の結び方を学んだ後は自由時間です。子供たちにとっては一番楽しい時間帯かもしれません。暑いのに外でキャッチボールをしたり、サッカーをしたり走り回ったり、子供のエネルギーはほんとに大したものです。また、室内でゲームをしたり、トランプをしたり。合宿にはゲーム機は持参禁止ですから、遊びは一人ではなく必ず複数です。合宿中に親しくなった他道場の子供たちとの交流の場です。
b0212413_019534.jpg
約1時間の楽しい自由時間も終わり、いよいよ「解散式」。全員一つの部屋に集まって、塾長の挨拶、指導員から作文・感想文の説明を受けます。私どもは合宿の後全員に感想文を書いてもらっています。子供たちは楽しかった合宿を振り返りながら感想文を書き、指導員は感想文を読みながら、反省と来年はそのことを繰り返さないとの思いを持ちながら、あの子供はこんなことを考えていたのかと新たな発見をしたりして、楽しく感想文を読ませてもらっています。
最後に参加者を代表して、丸山拓也君にみんなの前で感想を述べてもらいました。
玄関でホテルの従業員さんに見送りを受けながら、来年再開することを約束し、4台のバスに乗ってそれぞれの方面に帰って行きました。
b0212413_0191810.jpg
いつも思うことですが、参加した子供たちは一回りも二回りも成長して帰って行くのだろうなというようなことを考えながら私もマイクロバスに乗り込みました。
事故もなく無事終了したことが何よりではありますが、この一泊二日の合宿はほんとに長くて短いといつも終わってから思います。
参加した子供たちはもちろんのこと、快く送り出して下さった保護者の皆さんそして、指導員の方々に深く深く感謝申し上げます。
ありがとうございました。また来年も楽しくてためになる合宿を企画させていただきます。
b0212413_0193250.jpg

                         ◆2012夏合宿の写真はこちら
[PR]
by shinbu_369 | 2012-10-02 00:29