<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0212413_2243985.jpg
今回の合気道神武館道場の寒稽古は、ハンガリー国内からは主催道場の合気道神武館道場をはじめ、澄明道場、朝日道場、盛道場、カイシン道場、清祥館道場の6道場から、国外からはブルガリアのケイドウ館道場とスロバキアの元気館道場の2道場で、計8道場の方々で、3日間の全行程参加者が約35人、全行程は受けられないが部分参加者も含めて全員で約60人の方が参加してくれました。
ブルガリアからは毎年車で来てくれるのですが、12時間かかるとのことです。日本では考えられないほど皆さん熱心です。日本で12時間、往復24時間かけて講習会に行って来たという話など聞いたこともありません。そして泊まりは2泊3日と道場内です。
今回は車1台で4人来てくれましたが、そこまでして来てくれるのですからあだやおろそかに指導するわけにはまいりません。
b0212413_220156.jpg
毎年のことですが、12時間もかけて来たということを聞いた瞬間は、いい加減な指導などすると申し訳ないという思いから一瞬ですが気の引き締まる思いを致します。
海外で指導する時にいつも感心するのですが、私は日本語で説明しながら指導いたします。聞いている人は日本語はほとんど分からない人ばかりですが、技の説明が終わりどうぞと稽古に入りますと、初めての技でも日本人よりスムーズに出来る方が非常に多いのです。言葉が分からない分、手足の動きをよく見ているのだと思います。
日本人はなまじ言葉がわかりますから、頭で分かって体がついていかないのかもしれません。
b0212413_2204299.jpg
また、最近はビデオ、写真などが発達していますので、足の裁き手足の動きなどいい加減な動作は許されないというか、間違ったではすまされなくなってきています。
稽古中のスタミナなどは、押し並べて外国人の方が優れているようです。
講習会の日程の組み方を見ても、日本ではだいたい土・日の1泊2日、土曜日の午後2時間程度稽古し、夜は懇親会、次の日の午前中2時間の稽古で解散というのが一般的な日本の講習会だと思います。
私が行く外国では、ほとんど2泊3日の講習会です。金~日で、金曜日の午後集合、金曜日は2回~3回、土曜日は午前2回、午後2~4回、日曜日の午前2~3回とだいたい一度の講習会で8時間~12時間行います。日本の2倍から3倍の時間を確保しています。
それを全行程受ける人もいるわけですから、かなりスタミナがなければ出来ないことです。
b0212413_221135.jpg
今は日本から高段者がきて講習会を開催すると言えば、それなりの人が集まりますが、外国でも5段6段そして7段の方も続々と増えております。うかうかしていると「日本から指導に来ていただかなくとも結構です」という日が来ないとも限りません。日本で生まれ日本で育った合気道です。いつまでも「世界のお手本」となるよう気を引き締めて日々の稽古に精進していきたいと思っております。
◆ハンガリーの写真はこちら

b0212413_2211210.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2013-03-19 22:05
b0212413_23512695.jpg
ハンガリーの寒稽古に今年も行ってまいりました。月日の立つのは早いもので、本年で5年連続となります。
12日成田を発ちウィーンで乗り換え目的地のブタペストに、65分の待ち時間を入れて13時間50分かかってようやく到着です。いつものことですが、本当にこの間は長いと感じます。救いは機内が今の時期ですからガラガラですので、3人分の座席を一人占めにして横たわることが出来るということでしょうか。
預けておいたスーツケースを受け取り、ゲートを出るとケチケメートの澄明道場のゾリ道場長とミハイ達3人が迎えてくれました。心配していた気温も0度でしたので、仙台と変わらず安心しました。
b0212413_23514581.jpg
ケチケメートのゾリ道場長の自宅は空港から約80kmだそうです。約1時間でゾリ氏の自宅に着きました。
その夜、若干寒いかな? と厚着をして寝ましたが、夜中になってかなり部屋が暑くなったようでした。汗ビッショリで布団を剥いでいました。疲れもあってそのまま寝たのが運の尽き、翌日起きた時は既に風邪気味です。今回は最後までこの風邪に悩まされた寒稽古となってしまいました。
少し街を散歩するか? との誘いも断り、家の中で一日こもっていました。
ゾリ氏は忍術道場も主催しています。夕方から私も少し体験しようと思っていたのですが、残念ながら取りやめ、2時間の稽古の後半だけ見学させていただきました。九つの流派を稽古するそうですが、この日は倒虎流(とうこりゅう)というものでした。驚いたことに女性会員も同じような稽古をしています。外国の女性は逞しい? ものです。
b0212413_2352115.jpg
次の日ゾリ氏の奥様の実家に行き全身横たわるマッサージ機に約1時間、そして、サウナに行きました。タップリ汗をかき昼食と共に4時間余りも過ごしたでしょうか? 気分もかなりスッキリして夜の稽古に出かけました。この道場に来るのは3年目です。約1時間半の稽古を終え、夜はゾリ氏の自宅でパーティーです。夜の9時頃から三々五々集まり、勝手に飲み食いし、喋り時間がくればまた三々五々帰っていきます。ミハイが通訳をしてくれたので昨年より話は大いに盛り上がりました。
それでも私は0時過ぎには引き揚げましたが、深夜まで飲んでいた人もいました。この辺りは日本人と同じです。
b0212413_23521564.jpg
風邪気味なのに飲んだのが悪かったのか? 次の朝起きた時はまた体調がすぐれません。
昼食にレストランに連れて行ってもらったのですが、ほとんど食べられませんでした。14時頃ゾリ氏の自宅を出て、エステルゴンに向かいましたが、途中車を停めてもらって吐くしまつ。やっとの思いでようやく本当の目的地である神武館道場に着きました。
この道場での寒稽古がメインです。毎年、金曜日〜日曜日行われます。
金曜日は夕方から2時間、土曜日は午前中2時間、夕方2時間、夜のパーティーを含んで、日曜の午前中2時間と計8時間です。
b0212413_23523962.jpg
金曜日の夜の最初の1時間は指導したのですが、さすがに調子悪いのが分かったのでしょう。先生無理をしなくていいからとラスロ道場長が変わってくれましたので、悪いなと思いながらそのまま休ませていただきました。何にも食べずに20時頃から朝まで寝ましたので、かなり良くなった気がしました。
土曜日は9時半から休憩を挟み2時間の稽古を終えて、ラスロ夫妻、ゾリ夫妻と昼食をいただきました。
日本では体調が悪い時には、お粥、鍋焼きうどんなど胃に優しいものが数多くありますが、外国では肉と脂っぽいものばかり。普段は何も感じないのですが、今回ばかりは日本食のありがたみが身にしみて分かりました。
(パート2に続く)
◆ハンガリーの写真はこちら
b0212413_23525277.jpg


[PR]
by shinbu_369 | 2013-03-06 23:59