<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0212413_22112072.jpg
 昨年は8名で参拝いたしましたが、本年は4名(私と竜次道場長、鈴木ご夫妻)で参拝させていただきました。朝6時に家を出、鈴木ご夫妻を迎えて長町ICから高速道路をひた走ります。途中の安達太良SAで朝食を兼ねて休憩、その後一度の小休憩を取り、午前9時半頃無事岩間駅の臨時駐車場に着きました。今年は「岩間駅に開祖の胸像が建ちましたのでぜひ見て行ってください」と駐車場の係りの方に案内をされましたので、初めて岩間駅の構内を通って神社に向かいました。たしかに開祖の胸像を拝見いたしました。駅から神社までの間に、開祖のご尊影と道歌が書かれた「レリーフ」と言えばいいのでしょうか? 道路沿いに何ヶ所か有り、さすが「開祖が過ごされた聖地だけのことはある」と感心しながら神社に向かいました。
b0212413_22113955.jpg
 受付を済ませ、小林保雄 先生、五十嵐和男 先生をはじめ多くの方に出会いました。神奈川県理事長の武田先生、群馬県会長の荒井先生など等……
 毎年小林道場が敷物を敷く場所の隣に私たちも場所取りをいたします。今年も同じように場所を確保して拝殿に向かい、11時から儀式が始まりました。
 「大祭」に引き続き「開祖・吉祥丸道主の慰霊祭」が執行されました。その後道主による「奉納演武」です。本年は全て終了したのが12時10分過ぎであったと記憶しております。その後、主な方は道主がいらっしゃる道場内で直会が始まると同時に広い境内のあちこちで直会が始まります。私も道場内の直会に中締めまで参加させていただき、その後は皆さんのいる境内に行きました。もう直会は最高潮です。
b0212413_22123771.jpg
 明大同期の追分君、荒井君、先輩、後輩、現役の学生、各地の道場長…畑山先生、石垣先生、高城先生、多くの師範の先生方…にお会いしました。
 15時頃まで皆さんと「語らい・飲み・食い」十分に大祭を堪能した後、「愛宕神社」に参拝させていただきました。開祖が参拝されたり修行された所ですから、ほんとは大祭の後全員が行くべきかもしれません。
行きは私の運転ですが、帰りはお神酒をいただいていますから、竜次道場長の運転です。途中国見SAで休憩を取り、鈴木夫妻をお送りし、20時頃帰宅いたしました。
 本年も無事合気神社例大祭に参列出来たことを感謝いたします。

b0212413_22171455.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2013-05-13 22:18
b0212413_13444468.jpg
 平成25年度の親睦会総会に向けて、3月10日に役員会が開催されました。毎年3月の「一般の部」の審査の後に開かれます。次年度の役員の選出、役員会までの決算の報告と、25年度の事業計画、予算案などのことが決められます。
 それを受けて、今度は4月に総会が開かれるわけです。
 4月21日に仙台南道場にて親睦会の総会が開かれました。総会といっても、最近は役員の方しか出席されません。以前は、総会の出席の案内状を皆さんにお配りし、欠席の人には委任状をいただいておりました。
親睦会は利府道場が出来た平成14年7月13日に、本部・利府道場にて発足式を行い初代会長には、秀島 理明氏が就任いたしました。
 親睦会といえども私どもの会はしっかりした運営をしております。転勤をされた芳賀副会長がその基礎をきちんと作ってくれましたので、それに則って毎年行ってまいりました。規約も本格的なものですし、役員も顧問、相談役、会長、副会長、幹事長、事務局長、幹事、監事とそろっております。規約の中で「総会は年に1回開催し、本会の最高決定機関で、本会会員の3分の1以上の出席をもって成立する」とうたっていますので、欠席の人には委任状をいただいていたわけです。そうしないと総会が成立しないのです。
 会員は親睦会費をいただいている塾生ですが、未成年者(子供の部)の塾生は保護者となります。会費は世帯でいただいておりますから、300世帯以上の方の3分の1を集めなければなりませんので少し大変です。そこで平成19年に規約を改め、当分の間「総会は出席会員の過半数の賛同を得て成立するものとする」といたしました。そして委任状までは求めないことにしたのです。総会で自由に要望を述べてくださいと言っても、子供の部の保護者は総会には出席されません。そこで役員会も総会も同じ人が出席をしているのが現状です。それを踏まえて、来年からは3月の役員会はなくし、4月に「役員会」その後「総会」と一日で終わらせることに決めました。
 役員は会長に細山 勇氏、副会長に櫻田 雅俊氏、鈴木 由美氏、幹事長に門馬 伸至氏を含め25名の構成となりました。毎年25名~30名の方が役員になってくださいます。
 合気道に関する行事…講習会、審査、合宿など…は当然合氣道神武錬成塾そのものが決めることですが、それ以外は親睦会の主催となります。特に秋の芋煮会と正月の鏡開きは二大人気の行事です。本年もたくさんの行事が組まれております。ホームページの「年間行事予定」でご確認ください。
[PR]
by shinbu_369 | 2013-05-05 13:47