<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0212413_2083986.jpg
月日の立つのはほんとに早いものです。今年も一カ月が終わろうとしておりますが、本塾の親睦会主催二大行事の一つである「鏡開き(餅つき大会)」が先日19日に開催されました。鏡開きの説明は過去にもしておりますので今回は省かせていただきます。
さて、それぞれの催しには主催者としての目的があります。合気道の団体ですから普段は当然合気道が中心です。子供の部は子供の部としての合宿、合同審査会など等、一般の部は一般の部の方を対象としての講習会など数々の行事が組まれています。
そこで塾生だけではなく、本塾に関わる全ての方を対象とした催し事として「芋煮会」、「鏡開き」を二代行事として位置づけております。
b0212413_2024653.jpg
塾生はもちろん、保護者、配偶者、祖父母など何方でも参加していただけます。
芋煮会は東北地方(特に宮城県、山形県)に昔から伝わる季節行事であります。以前は職場で、近所で、知人友人で、家族でと行われ「今年は何回芋煮会に参加した」という会話があちこちで交わされていたそうですが、今は「今年は芋煮会に一度も行かなかった」と話されたり、芋煮会の話題などしなくなったりと昔の風習が消えつつあります。
餅つきも同様です。私の小さい頃は近所または親戚の家に集まり皆が協力して餅つきを行いました。
朝の4時頃だと記憶しておりますが、真っ暗で寒い夜明け前に子供心にも何となくウキウキとして親の後について近所の親戚の家に出かけたことを思い出します。
小学校の低学年ですから何もお手伝いは出来なかったのかも知れませんし、ひょっとしてお手伝いになったのかも知れません。その時の記憶はあいまいですが、かまどで焚く薪を運んだり、小さな子供の面倒(遊び相手)を見たのは事実です。
b0212413_2063651.jpg
何しろ餅つきを始める前から辺りは戦場です。女の人はもち米を蒸かして臼に入れ、それを男の人は交代で杵で搗いていきます。搗きあがった餅を丸めて「丸いお餅」にするのですが、何も入れないお餅と、中に餡子を入れたお餅の2種類を作ります。また四角い木で作った枠の中にお餅を入れます。(後で適度の硬さになったお餅を四角く切るのです。…ちなみに私の出身は徳島県ですが、その頃のお雑煮は白味噌に餡の入った丸いお餅です。特に味噌汁の中にお餅から餡が溶け出してきたものを食べるのが最高なのです。皆さんに説明すると気持ち悪がられますが大変おいしいものです。もう何年も郷里のお雑煮は口にしておりませんが、非常に懐かしいです…)
その頃は子沢山でしたから、近所の何軒かが集まると高校生から赤ちゃんまでそれはそれは賑やかでした。高校生のお兄さん、お姉さんは立派な戦力です。大人たちに混じって率先して働いています。小学生の低学年の子供は赤ちゃんの面倒を見たり、よちよち歩きの子供が大人の邪魔にならないように遊び相手をします。目を離せば燃え盛っている薪に手を入れたり、井戸(まだつるべ井戸の時代です…つるべ井戸と言ってもお分かりにならない方の方が多いのでしょうが、紙面の関係上説明は割愛します)に落ちたりするかも知れません。今と違って大怪我をしたり死に至ったりする環境はあちこちに見られました。
b0212413_203668.jpg
その傍らで丸めたばかりのお餅をつまみ食いしたり、餡子だけを舐めてみたりと大人に叱られながら餅つきが終わるまで楽しい一時を過ごしたことが思い出されます。
それが時代と共に変化し、私が小学生高学年になった頃には近所のお米屋さんに餅つきの機械が導入され(興味があって見に行きましたが、大きな臼の上から大きな杵を動力で引いて上げ下げするものでした。見たことがない方は想像できないかも知れませんが、お寺の鐘突きを縦にしたものと言った方が分かりやすいでしょうか? なお分かり難いでしょうか? 「百聞は一見に如かず」ですね)、お金を出せば依頼した日にお餅が届くようになり、いつの間にか集まってお餅つきをすることもなくなり、杵と臼は物置の片隅に追いやられ無くなってしまいました。高度成長期と共にこのような日本の原風景が失われていったのです。
b0212413_2032565.jpg
そして、特に都会ではお正月にお餅を食べないという方も増えてきたそうです。お餅を食べないのですから餅つきなどと言っても分かるはずもありません。どんどん日本の原風景が無くなっていく中で、それを憂う方も出て来てお正月の餅つきくらいはどのようなものであったのか、今の子供さんにも教えたいということで、10年以上前くらいからでしょうか、幼稚園で餅つきをしたというお子さんも見かけるようになりました。
芋煮会にしても餅つきにしても、現代社会でなくてはならないものではありません。いやむしろ手間ばかりかかるので合理的な生活からはない方がいいのかも知れません。そのようにして日本古来のものをどんどん切り捨てていけば、気がついた時には残ったものは何もない。日本人としてのアイデンティティーが何もないということになるのかもしれません。それを言えば日本武道の中の一つ「合気道」もそうかも知れません。
話がややこしくなりましたが、今まで述べて来たようなことを含めて、日本人の、東北人の風習を少しでも味わっていただくために…それも大人の方と子供さんが一緒になって…行っている行事の一つが「鏡開き・餅つき大会」であります。
b0212413_2033723.jpg
今年も親睦会の役員の方を中心に、お母さんお父さん方にもお手伝いをいただき無事終了することができました。今年の申し込み者は199名(一般塾生24名、子供塾生80名、保護者81名、塾生以外の子供14名…大人・105名、子供・94名)と200名の大台に一人不足でしたが過去最大の参加者でした。
親睦会の役員の皆様、お手伝いいただいた保護者の皆様、そして参加して頂いた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。
◆鏡開きの写真はこちら
b0212413_20131430.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2014-01-30 20:13
b0212413_22455064.jpg
香港電台…香港のテレビ局…が平成25年7月3日に取材に来ました。香港のカンフー経験者が世界の武道を経験するというドキュメンタリー番組だそうで、過去に2回撮影し3度目は日本の武道・合気道を経験する番組を制作したいということでした。ロケ地も色々調べて来ており、実際に仙台城跡、秋保大滝などを竜次道場長が案内しました。
道場での打ち合わせ、子供の部・一般の部の稽古も撮影し、私どもの撮影可能日程などを調べて帰国しました。
そして、10月1日~4日の日程で、監督、助監督、照明(兼音声)、カメラマン、通訳、キャスター(体験者)2名(ジェリー、マーク)の7名が来仙しました。
キャスターのジェリーはカンフー歴20年で、香港に自分の道場を持ち200名ほどの稽古生を擁している人だそうです。また、マークも現在はカンフーの稽古をしていますがどこかで少し合気道を習った経験があるとのことでした。
1日目の午前中は通常稽古のある日でしたので、10:30~12:00・利府道場での通常稽古に早速キャスターも参加しました。昼食休憩後、私も道場に向かい15時から1時間半くらいインタビューに答え、後は道場長に任せて私は名取教室に向かいました。道場では道場長の指導でキャスターが受け身の稽古とか午前中の復習を行い、夜の一般の部の稽古にも参加しました。
b0212413_2246846.jpg
翌2日目は仙台南道場に場所を移し、道場長がジェリー、マークを個別指導です。傍らで私が見ていて、ときどき出て行って説明したり技を見せたりと一日中稽古をしながら撮影をしました。最初は子供の部にもキャスターは参加の予定でしたが、疲れてとても出来ないとその間ぐったりと休憩していました。子供の部を終え再び一般の部の稽古に参加。塾生にインタビュー、私の指導、一般塾生との稽古などを撮影しました。
3日目は、再び利府道場へ。これは私どもの通常稽古が火・木は利府道場、水・金は仙台南道場のためこちらの都合に合わせてもらったものです。撮影となるとどうしても自然の中でも撮りたいのでしょう。希望によりグランディー21(Wカップで使用したサッカー場)の公園で、武器技の稽古です。剣の基本素振り、打ちこみ合わせ、切り返し合わせ、気結びの太刀などを指導いたしました。
b0212413_22462031.jpg
午後は私と道場長の演武を撮影したり、キャスターが今までの復習をしたりしているところを写し、今度は利府道場の子供の部で稽古し、その後一般の部の稽古にも入りました。
4日目は、秋保大滝です。大滝を前に座禅しているところを撮りたいというので、岩場の上で座りました。さすがカメラマンはプロでした。あっちに行ったりこっちに移ったりしながら一時間以冷たい水の中に入って、最上の撮影位置を探したり、山の上に上がって上から撮影したり。そこまでしなくとも…私たち素人は考えますが、プロは自分が納得しない所からは撮らないのでしょう…かなり長い間滝の前で撮影をしましたので、水に入らなくとも体は冷え切りました。また滝をバックに杖の基本素振り稽古。茶店の縁台を借りて木漏れ日の中でのインタビューと続きました。10時から始まって14時半に終了。ようやく遅いソバの昼食となりました。
b0212413_22464346.jpg
仙台南道場に帰ってきて夕方からは子供の部を撮影し、キャスターは一般の部で稽古です。カンフー20年の経験者といっても、慣れない合気道の稽古です。そして受けを取らなければなりません。もうへとへとに疲れていました。ここでもカメラマンの技術の確かさを感じました。演武の撮影で自分がカメラを持って演武者の廻りを回りながら撮影するのです。後で見せてもらいましたが、はじめて見た映像でした。稽古中の全ての撮影を終え、最後に私の自宅でキャスターを交え塾生の何人かといわゆるお別れパーティのような夕食をするシーンを撮りたいとの要望でしたが、稽古を終えると21時、そこから掃除したり演武したりで22時近くになりますのでそこからまた30~40分かけて移動、夕食を終えてまたホテルに移動(仙台南道場近くのホテルに宿泊していました)というのは難しいですから、仙台南道場の談話室で夕食会を開催いたしました。塾生は一言の不満も言わずよく協力してくれました。
b0212413_2247484.jpg
最後に夕食をいただきながら、通訳を交えて色々な話を交わしました。監督をはじめ、キャスターもカメラマンも愉快な人たちでした。話題はもちろん合気道が中心ですが、それ以外の話も沢山いたしました。ただ一つお互いに反日関係の話を除いて。もっと親しくなれば本気で話をしなければいけないのでしょうし、あらゆる席で機会を捉えて個人個人が理解を深めていけばいいのかも知れませんが、そのくらいで誤解が解けて反日感情が無くなるというような単純な現在の日中関係ではありません。国全体で反日教育をし、かの国の中では親日感情を表すことは出来ないほどなのです。通訳のイウという女性は日本びいきの人です。日本語も上手ですし、日本の文化をとても好きでよく勉強していますし理解も深いようです。日本・日本人大好き人間です。普段は日本に住んでアルバイトをしているのですが、最終的に日本に住みたいとの希望を持っています。日本人と結婚して日本国籍を取らなければ何年か後には帰らなければならないと嘆いていました。今回来仙してきた一行は個人的にはほんとにいい人たちでした。親切ですし、明るいし気持ちのいい人ばかりでした。
b0212413_22472035.jpg
ただ国全体では反日教育、反日活動を続けています。香港は長年イギリスの租借地でしたので、基本的には中国(北京の共産党政府)が嫌いなようです。しかし、香港とて中国人に変わりはありません。子供達の稽古の前にも「今日は外国からテレビ局が来て撮影するよ」と伝えると非常に喜びますが、香港と聞くと「中国は嫌い」とはっきり口にする小さい子供が何人かいたのも事実です。何故嫌いなのかは私にも良く分かります。おそらく家庭でもそのような話をしているのでしょう。分かりすぎるほど分かっているのですが、それに素直に答えて上げることができません。「私もほんとは嫌いなんだよ」とは。やはり言えないものです。撮影したり指導している時には余り考えないものですが、折に触れ「反日感情のない国の人たち」だとよかったのにと思わない時はありませんでした。非常に複雑な気持ちの4日間でした。ともかく撮影したいと打ち合わせのために7月に来仙し、気軽に請け負ったものの最終的にTV局から4日間の撮影スケジュールが来た時には驚いたものです。4日間の拘束、そして反日。日本で放映されないのですから、私どもの宣伝には一切なりません。やはり「撮影は断ろうか?」とも思ったのですが、過去の2回はTV局で放映された後、好評であったため全世界に向けて英語版で流したそうです。今回も好評なら前例に倣い全世界に放映される可能性が高いというのです。世界的に合気道が紹介され、さらに合気道の知名度が上がるのであればそれはそれで大変よいことです。
最終的には予定通り取材を受けることにし、TV局の都合、私どもの都合をすり合わせて冒頭に書いた通りの日程の4日間になりましたが、私と道場長2人がまるまる4日間時間を拘束されましたので大変といえば大変でした。
◆写真はこちら
◆動画11分頃から合気道修行が始まります
b0212413_22473360.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2014-01-13 22:52
b0212413_1755349.jpg
 暖かい「年越し稽古」でした。(31日…晴れ、最高気温8,2度、最低気温1,6度)
 本部・利府道場が平成14年に完成した翌年から年越し稽古を始めましたので、今回で第11回ということになります。最初の年は参加してくれた塾生は14名でした。ずいぶん寒い年もありました。過去の記録を調べてみると、第2回(平成16年)には雪が降り続き駐車場の雪掻きを行っています。仙台での31日の最高気温が0,0度、最低気温はマイナス4,4度とあります。
 ちなみに仙台での31日の最低気温は平成15年から平成20年まではマイナス(平成19年は0度)、平成21年からはマイナスにはなっていません。11回の内最低気温が氷点下だった日が5日、プラスの日が5日、0度の日が1日となっていました。そして最高気温の一番高い温度が今回の8,2度でした。また、天候は雪…3日、曇り…2日、雨…2日、晴れ…4日となっています。
 ずいぶん寒い日があったと思っていたのですが、この記録を見るともう6年以上も前のことになります。ここ5年間は比較的暖かな穏やかな年越し稽古だったようです。
 さて、今年の様子は…
b0212413_17142514.jpg
 今年も21時、門馬君と現在は東京で就職している映君が迎えに来てくれました。映君は第一回の年越し稽古の時はまだ高校生でした。県外の大学生時代にも必ず参加してくれましたし、卒業後就職しても参加してくれています。県外にいても実家は仙台ですのでお正月は帰省するわけですが、仙台に住んでいても何かの事情があり毎年参加は難しいのですが、映君は連続11回の参加と皆勤です。
 高校生の時には「子供の部」の指導助手として、大学生の時にも夏合宿には帰省して子供の部の指導をお手伝いしてくれました。次回の夏合宿もお休みが取れれば参加すると言って元気に上京しました。考えてみればこのようなところでも多くの皆さんに支えられていることを実感いたします。
b0212413_17115634.jpg
 道場に着いて、まず各部屋にストーブを点けます。道場内は5度。そしてカレンダーの交換、お湯を沸かしたり、簡単な掃除をしたり、結構することがあります。私は道場の神棚を掃除し神饌を上げたり、稽古後の歳旦祭の準備をいたします。そうこうしているうちに塾生が少しずつやってまいります。22時には道場長は若手の人たち何人かですでに稽古を始めました。23時の稽古始めの時には既に汗びっしょりの人もいます。年越し稽古は基本の技と決めていますので、座技正面打ち第一教からはじめます。稽古の途中温度計を見ましたら15度を指しています。暖かいはずです。外気温との差が激しいのでしょう。窓はカーテンを閉めていますが全て結露。道場の板の間は水滴で、拭かないと滑って危険です。第四教まで終りますと、四方投げ、入身投げ、小手返しとやはり投げ技の基本です。近所に迷惑にならないように、畳を叩かずできるだけ静かに受けを取るよう注意してもらいます。
b0212413_171232100.jpg
 午前0時に近づき、いったん稽古を中止。服装を整え、最初の通り整列。道場内の明かりを全て消し、神棚の燈明だけにし、黙想をいたします。今年の様々な出来事に対しての感謝、また新しい年を迎える決意など…。油断していると直ぐ10分くらい経ってしまいます。電気を消した時には道場内は真っ暗に感じますが、黙想後目を開けると燈明の明かりで道場内はほんのり明るく見えます。全員で新年の挨拶を交わして、稽古を再開いたしますが最後は座技呼吸法で0時15分に終了。
 全員で記念撮影の後、私は装束に着替え、また汗びっしょりの人は道着の下を取り替えたりし、0時30分に略式の「歳旦祭」を執り行います。「新しい年・月・日」を寿ぎ、歳神様、八百万の神々様に感謝し、参加した塾生一人一人の住所氏名を奏上し、それぞれの心願成就のご祈祷を執行。玉串は私が最初に捧げ、次に石村道場の石村基道場長、門馬伸至指導部責任者、最後に竜次道場長です。
b0212413_1714052.jpg
 最後の道場長に合わせて全員拝礼いたしました。
 その後準備をし、テーブルを囲んで「年越し蕎麦」をいただきます。勿論カップそばですが…。毎年石村さんからいただく漬物、みかんが机に載せられます。ほとんどの方が自分で車の運転をしてきております。お神酒(おみき…神様に捧げるまではお酒、神様からお下がりを受けたらお神酒に変わります)で乾杯というわけにもいきません。今年は稽古を終えて二人が直ぐ帰りました。もちろん自由です。束縛する理由は全くありません。稽古終了後すぐ帰れば、0時半頃には道場を後にすることができます。
 歳旦祭を終え、年越し蕎麦をいただき若干の歓談時間を取れば解散は2時頃になってしまいます。
 第一回から今回までこのようなやり方で来ましたが、ひょっとして、「稽古が終わればカップそばなどを食べず直ぐ帰る」方が皆さんいいのかも知れない。「即席面を出されるから仕方なく残っているのではないか?」と道場長と話合い、帰りたいと思いながら付き合いだけで残っているなら気の毒だから早く解散した方がいい。
b0212413_1713466.jpg
 それには参加者に素直な意見を聞くのが一番です。皆さんの前で意見を言うのは難しいだろうから、来年からどうするかアンケートを取ることにしました。今までのようにカップそばでもいいから、皆さんで年越し蕎麦を食べながら歓談した方がいい方は「〇」、歳旦祭を終えたらソバなどを食べず、すぐ解散の方がいい方は「×」をつけるよう紙を渡し、帰りに玄関で「破魔矢」と交換に投票箱に入れてもらいました。
 結果は? 何と×の人は4人だけでした。12人が〇です。今年は23名の方が参加してくれました。稽古終了後2人すぐ帰りましたので私と道場長を除けば投票は19票です。投票しなかった3人はどちらでもいいということでしょう。この結果は予想外でした。恐らく半数以上の方が×をつけると思っていました。稽古後は本格的なソバでなくてもいいから皆で年越し蕎麦をいただき、歓談する方がいいという結論にいたりました。来年からも当分は今までのような「年越し稽古」を続けていきたいと思います。但し、帰りたい方はいつでも帰れる雰囲気作りをしなければならないとも思っています。
b0212413_17144973.jpg
 全員が帰った後、水道、火の点検をして戸締り。2時過ぎに道場を後にし、有志8名で近くの八坂神社に立ち寄り「初詣」です。神前でお参りを済ませた後は、皆さんは慣例のおみくじを引きます。私は毎年熊手を購入いたします。そこで皆さんと分かれて門馬君に家まで送っていただきました。帰りついたのが午前2時50分です。
 一息ついた後お風呂に入り、昨日から年越し稽古に出発する間際まで、お名前を書いた御神札を前に午前4時頃から自宅にて護摩を焚きながら(火祭り祈祷)、皆さんから申し込みを受けたり、日頃お世話になっている方々の住所・氏名を読み上げ「歳旦祭」を執行いたしました。長い長い大晦日・元旦の朝の行事の全てを終え、午前6時頃ようやく床に入るのがここ数年の行動です。
◇年越稽古の写真はこちら
b0212413_17145966.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2014-01-05 17:22