<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

b0212413_923157.jpg
 「修錬館合気道場…ホシ道場長」はブダペストに行く途中のビリッシュセンティーワンという小さな町にあります。40畳ほどの小ぢんまりした道場でした。ここには初めてまいりました。稽古はやはり要望により簡単な鳥船の行から始め、一時間の指導を終えてレストランで夕食をいただきました。ここのレストランでも料理が出て来るまでには1時間以上かかったでしょうか。日本人だと怒り出す人がいてもおかしくないほどなかなか出てきません。「郷に入っては郷に従え」ですね。のんびりと話をしながら待ちます。デザートはパスをして食後にコーヒーをいただき、2時間半くらい過ごしてレストランを出ました。夜12時過ぎに帰りシャワーを浴び、午前1時頃にベッドに入ったのですが、目が冴えて眠れません。今頃時差ボケが始まったのでしょうか?
 明日は帰国だというのに目が冴えて眠れません。一時間も横たわっていたでしょうか。
 今までハンガリーに来て時差ぼけになったことはありませんでした。≪時差ぼけ予防の最適な方法…着いた夜すぐアルコールを沢山いただき、十分に酔って眠ることです…8時間~10時間眠ればすっきりです。もう時差ぼけはありません≫
 ところが今回は最後の晩になって、突然夜眠れなくなりました。何故でしょう。レストランでワイン一杯だけだったからでしょうか?
b0212413_9233293.jpg
 仕方なく起き上ってパーリンカを飲みました。少し飲めば眠くなると思ったのですが、ますます眠れなくなり、ちびりちびりとインターネットを見ながら5時頃まで起きていました。最近はインターネットが発達しておりますので、日本の新聞もリアルタイムで読むことができます。以前は2週間も海外にいますと、帰ってきた時にはその間の日本の事情は全く分かりませんでした…浦島太郎状態です…ので、取り置いてもらった新聞を丁寧に読んでおりました。それだけで帰国後かなり時間が取られてしまいます。今は産経新聞をiPadで取っていますので、日本のニュースは毎日手に入ります。その他のニュースもインターネットで日本にいる時と同じように見ることができます。当然大雪のことも知っておりましたし、竜次からのメールで利府道場・仙台南道場の雪掻きが大変だったことも連絡がありました。直接その場に行って行動することはできないのですが、ほんとに便利な世の中になったものです。
 カルガリーは厳冬、マイナス20度前後の日が続いているようですし、日本では近年にない大雪、先週の仙台では観測史上3番目となる35センチの積雪。首都圏でも交通マヒなどで大混乱でした。ところが欧州は暖冬…近年にない暖かさ…五輪が行われているロシアのソチも暖冬で雪不足だとか…
b0212413_9242841.jpg
 ところで、ハンガリーではオリンピックの話題はゼロ。全く誰も口にしません。ゾリの自宅でも、ラスロの自宅でも、レストランでも、サウナでもオリンピックのテレビをつけている所はどこにもありません。日本は大いに盛り上がっていますが…これもお国柄なのでしょうか。ハンガリーは山がないのでスキーは盛んではないとのことですが、スケートはよくやるのだそうです。昔は湖、川などでよく滑ったとのことです。最近は昔のように寒くないので、外の川や沼、湖で滑れなくなったと言っておりました。これは日本の北国でも同じ現象が起きているようです。私の家内の実家(長野県小諸市)でも、小学校の体育の時間に田んぼの跡地に水を撒いて手作りのスケート靴を履いたり、中には下駄のままで滑る男の子もいたそうです。私は四国(徳島県)の育ちですから、東京に出て来るまでスケートなどしたことがありませんでした。学生時代後楽園のスケート場に始めて連れて行ってもらい、散々転びながら楽しい時間を過ごしたのですが、終わってからスケート靴を脱いだ時の足の痛いこと、痛いこと。そんなこともあってスケートは好きにはなりませんでしたので、学生時代3回くらい行ったきりです。
 朝の5時過ぎになると、さすがに疲れてうつらうつら…、ふっと傍らのパーリンカを見ると半分以上無くなっているではありませんか? きついお酒ですからちびちびとしか飲めません。いつの間に……気がつかないうちに誰かが飲んだのでしょうか……??? 誰も部屋に入ってきた気配はなかったのですが……
b0212413_9245455.jpg
 7時には荷作りをし、シャワーを浴びて出かける準備です。ぼんやりとした重い頭のまま8時半に家を出て10時前に空港に着き、搭乗手続きを済ませラスロに見送られてゲートを入り、飛び立つまでの時間、空港の喫茶でコーヒーを飲みながら、考えるともなく頭には「今年の講習会もハンガリーの皆さんのお役に立てたのかな? 皆さん私の指導で喜んでくれたのかな? 毎年指導した技は詳細に記録しておりますので、一年間自分自身もっともっと深く研究して、来年の講習会には一つでも新しいことを指導しなければいけないな、と、心に深く誓いながら」機内に入りました。
 ブダペストからウイーン1時間弱、ウイーンから成田(帰りは若干短く11時間10分)まで、再び長い長いうんざりした時間をかけて帰国の途につきました。
 しかし、大威張りで海外指導なんて言っていますが、よく考えてみれば留守を守ってくれる道場長がいて、私の替わりに指導してくれる指導員がいて、はじめて安心して海外に出かけていけるのです。
 「感謝! 謹謝! 深謝!」  皆様!…ありがとうございました。
◆ハンガリー海外指導の写真はこちら
[PR]
by shinbu_369 | 2014-02-26 09:25
b0212413_1622172.jpg
 今年もハンガリーの寒稽古に行ってまいりました。今回で連続6回になりますが、記録的な……
「記録的な」と書けば「大雪」とか「寒さ」と続くことが多いと思いますが、今回は「記録的な暖かさで3月下旬から4月上旬の気温でした。連日6~10度もありました。寒い年は氷点下20度のこともありましたので雲泥の差です。2月中旬で雪のないハンガリーは珍しいことです。お陰さまで今年の寒稽古は非常に快適でした。
成田で一泊、ウイーンで乗り換えブダペストまで、長い長い旅です。いつもこの飛行機の中の時間は何とかならないのかと思うのですが、何ともなりません。ひたすら我慢強く時間が過ぎ去るのを待つのみです。成田を12:25(現地時間4:25)に出発、ウイーンに16:15着、入国審査を終えて一度外に出て、再び手荷物検査のためにゲートを通らなければなりません。余った水分は飲んでしまうか捨てなければなりません。もったいないことです。そして、ブタベスト行きの搭乗ゲートのナンバーを確認して移動、17:20出発、18:05にようやく到着です。成田のホテルを出て約19時間。やれやれ…
 空港出口には、澄明道場のゾリ道場長、ラヨシュ、弘前大学に留学中で現在合気道部の主将をしているミハイの3人が迎えてくれました。
b0212413_163411.jpg
 約一時間でゾリの自宅に着きましたが、時刻は20時を遥かに回っています。疲れて早々に休ませていただきました。
 翌日は10時頃家を出、昨年も連れて行ってくれたサウナでゆっくり過ごしました。そこで昼食も済ませ、夕方自宅に帰り一服して「合気道澄明道場」に出かけました。
 ここの道場は4回目でしょうか。すっかり顔なじみになった人たちもいます。約一時間半の稽古を終え、ゾリの自宅で歓迎のパーティですが、稽古を終えて集まって来るので夜の9時も過ぎています。それぞれ好きな食べ物と飲み物を持参して勝手に飲み食いしますから、日本と感覚は全く違います。それにも慣れてしまいました。解散時間もなくそれぞれ少しずついなくなります。全員が帰ったのは1時を過ぎていたようです。
b0212413_1645943.jpg
翌日昼食後、エステルゴンに移動です。車で約2時間半。「合氣道神武館道場・(合氣道神武館道場HP)→すでに寒稽古の写真が出ています。見つけてください」に着きました。ここでの稽古が本番です。14日(金)の夜から、16日(日)の午前中、全8回の寒稽古です。何時も寒くて道着の下にTシャツを着るのですが、今回は全く必要ありませんでした。
18時から一時間、15分の休憩をはさんで一時間の予定でしたが、最初ということもあり、皆さん休憩は要らないというので、18時から20時15分まで2時間15分休憩なしで稽古をいたしました。名前は発音が難しくなかなか覚えられないのですが、顔なじみの人が多くお互いに楽しく稽古ができました。
b0212413_1665793.jpg
 次の朝は土曜日、9時半からいつもの要望で「鳥船の行法」から始まります。休憩をはさんで12時まで稽古。その後、ラスロ道場長夫妻、ゾリ道場長夫妻、ミハイ、私の6人でラスロの自宅でゆっくりと歓談しながら昼食をいただきました。欧米は食事の量が多く前菜だけで充分ですが、メーンディッシュでもうお腹はパンパン、その後に甘いデザートが出てきます。私には半分でも多いくらいですが、皆さん豪快に話をしながら片付けていきます。この食欲には何時も感心します。
b0212413_1672167.jpg
 3時間もの昼食時間を終えて一休み。夕方16時半からまたまた休憩なしの2時間半。そして、道場で今回の寒稽古のパーティです。ワイン赤に白、ビール、そしてハンガリーで良く飲まれるパーリンカ(日本の果実酒に相当します。杏、プラム(スモモ)、洋梨、梅などの種類がありますが、アルコールは40度以上、52度、最強だと60度のものもあるそうです。少し甘い香りがして飲みやすそうですが飲み過ぎには要注意です)などのアルコール。ほとんどの人が道場で泊るため長々と続きます。私は午前1時頃道場を抜け出して隣のラスロの自宅に帰りましたが、まだ三分の一は残って飲んでいました。後で聞くと2時半頃まで飲んでいたようです。 この辺は日本人の飲ん兵衛も同じでしょうか?b0212413_1693151.jpg
 次の朝は10時から、2時間で計8回の講習会が終了いたしました。皆さんほんとに稽古熱心です。今回は、主催の合氣道神武館道場、澄明道場、修錬館、盛道場、清祥館、天人地館、カイシン道場など8カ所・約60名が参加してくださいました。全ての稽古を終え、お礼にハンガリーのワインと、似顔絵をいただきました。
午後2時頃から10人くらいでスロバキアに魚料理をいただきに行きました。スロバキアといっても、ドナウ川を渡って15分くらいのところです。ヨーロッパはパスポートも不要でゲートもなく、国境が日本の県境のようなものです。
b0212413_1610435.jpg
 自宅に帰って来てから、一眠り。夜はラスロの自宅のサウナに入りゆっくり疲れを取りました。ラスロ道場長の自宅は、玄関が2階、一階にサウナと露天風呂を作っています。ほんとにいい環境です。
来年の寒稽古の日程を決めるとともに、竜次道場長に10月にはハンガリーに指導に来て欲しいとの要望を受けました。竜次道場長はカルガリーからも秋に指導の要請が来ております。ワールドコンバットゲームズのYou Tubeを見て竜次の知名度は随分上がったようです。こちらでは多くの人から「息子さんのYou Tubeを見ましたよ」とも言われましたし、「神武錬成塾のホームページの日本語は読めませんが写真、動画などは必ず見ています」という人も多くいました。
b0212413_16181651.jpg
 次の日(月)はどこかに出かけますか? と聞かれましたが、部屋でのんびりする方がいいと、今回の稽古内容を書き留めたり、ブログを書き始めたり、夕方から40~50分のところにある修錬館道場(修練館道場→稽古の写真が出ています)に指導に出かけるまで午前、午後とのんびりさせてもらいました。朝ラスロが買い物に行って来ますからと出て行ったのですが、大気な荷物を抱えて帰ってきました。昼食は奥さんのゴビが中華料理をこしらえてくれました。「先生はいつも野菜が多い方がいいと言うので…」と、先ほどの買い物は中華料理に使うものだったのです。
b0212413_16112215.jpg
 最近は手軽にレシピが手に入りますので、材料さえ手に入れば、どこに居ても世界の料理が作れます。→作る気さえあれば…(私には出来ません。作る気がないから。自分で作るくらいなら一食抜いたほうがいいくらいです)
 こちらで6年目で始めて家庭での中華料理をいただきました。やはりハンガリー料理よりはおいしいものです。ハンガリーでは「グヤーシュというスープが一番おいしくて好きです。ワインは何といっても世界三大貴腐ワインの一つ…トカイワイン…です」
 しかし、「郷に入っては郷に従え」ということわざ通り、出されたものを味わって美味しくいただくのが一番です。
◆ハンガリー海外指導の写真はこちら
b0212413_16114843.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2014-02-21 16:19