<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0212413_042479.jpg
主催:公益財団法人日本武道館 全国都道府県立武道館協議会 公益財団法人合気会 宮城県公立武道館協議会 公益財団法人宮城県スポーツ振興財団
主管:宮城県合気道連盟
後援:日本武道協議会 宮城県武道協議会
開催日程:6月27日(土)~28日(日)
対象:小学生~高校生で稽古等受講可能な者
講師:中央講師…櫻井寛幸 合気会指導部師範、徳田雅也 合気会指導部指導員
:地元講師…宮城県合気道連盟理事長 大崎合気会 主宰 角田 稔 師範、
宮城県合気道連盟理事 合気道神武錬成塾 道場長 白川竜次
事業について:開催日程2日間、午前中開催~午後4時以降終了、国庫補助事業

 上記に書き連ねてみましたが、要するに国庫補助事業のため参加者は無料であるが、様々な制約があるということです。宮城県でも青少年合気道錬成大会は久しぶりの開催となります。
b0212413_044294.jpg 宮城県第二総合運動場の久道裕志場長が昨年6月に地域社会合気道指導者研修会を終えた後、来年は青少年合気道錬成大会を開催しませんかと声をかけてくださり、今回実現したものですが、実を言うと悩みに悩んだ結果開催に踏み切ったものです。今一すんなりと踏み切れなかったのは何といってもその日程にあります。土曜日・日曜日の2日間、そして2日間とも午前に始めて、午後4時以降に終わるという時間的な制約があるのです。参加する子供たちにとって無料というのは大変ありがたいことですが、土曜日の午前9時半から受付を行い、昼食を挟んで夕方4時まで。次の日の日曜日もやはり午前9時半受付、夕方4時までです。体力的にもかなりきついものがありますが、一番はやはり時間の制約という点にあります。最近の小学生は非常に忙しく、やれ塾だ、水泳だ、野球だ、サッカーだと何個も習い事をしていますし、塾も複数の教科にほとんどの子供が通っています。2日間朝から夕方までの拘束、そして保護者の方の送迎も関係してきます。子供の時間があっても親が空いていなかったり、親の時間があっても子供の時間が取れなかったりということがあります。私どもの塾でも声をかけて集めるのに正直一苦労致しました。私も道場長も一所懸命に声をかけ参加者を募りました。このような行事に参加してくれ、頼りになるのはなんといっても利府道場と仙台南道場の子供たちです。b0212413_045738.jpg 2日間出られれば一番いいが、土曜日でも日曜日でも1日でいいから、こんな機会はめったにないから参加するようにと促しました。お陰さまで宮城県の他の道場の子供を含め全部で土曜日は78名、日曜日は115名が参加してくれました。そのうちの私どもの塾生は土曜日52名、日曜日は67名が参加してくれましたので、土曜日などはほとんどが私どもの塾生でした。土・日と両方参加した塾生は36名、一日でも参加した塾生が82名でした。
 私が宮城県合気道連盟の会長をしていますし、今回は竜次道場長が地元講師として指導します。声掛けをする時にそれを前面に押し出すことも出来ませんが、集まらなかったらやはり会長所属の道場としては面目が立ちませんし、他の道場長にも申し訳が立ちませんので、多くの塾生が参加してくれホッとしたというのが正直なところでした。
 さて、肝心の錬成大会ですが、まず6月27日(金)私と道場長、角田理事長が本部から派遣される櫻井師範、徳田指導員を仙台駅で迎え宿泊のホテル白萩に案内致しました。
 一服の後、宮城県第二総合運動場の久道場長、久保木主査、中央講師の櫻井師範、徳田指導員、地元講師の角田理事長、連盟の会長私と渡邊事務局長で明日からの打ち合わせです。
b0212413_05893.jpg
 本来は地元講師の竜次道場長もこの打ち合わせに入らなければならないのですが、金曜日は仙台南道場と泉教室の2ヶ所で稽古があります。当然私も道場長も指導が入っています。二人が休むわけにはいきませんし、打ち合わせには県連盟責任者の私がいなければなりませんので、泉教室は門馬先生に指導を変わってもらい、地元講師の竜次道場長には打ち合わせたことを私から報告するということで、会議は欠席して仙台南道場は予定通り道場長が行きました。
 一般の部の研修会ですと、打ち合わせも簡単です。本来は受付時間から開会式式次第、基本錬成、応用錬成、閉会式式次第など、事前に調整のうえ時間割も決まっていますので、誰が何処で指導するかなどを決めるだけでしたが、今回は子供のことです。入念な打ち合わせを行いましたので、17時から始めてアッと言う間に1時間以上が経過していました。
b0212413_051713.jpg
 後は懇親会で少しいただきながら最終的に決めましょうということで、和気あいあいと懇談に入って行きました。2時間くらいが経過したのでしょうか、別段時間を気にしておりませんでしたので、そのホテルでの会食は終えて、近くに移動です。理事長は最近体を壊されましたので、そこで別れました。久道場長、本部2人、渡邊事務局長、私の5人で二次会です。大いに話が弾みましたが、場長は仙北の方に帰らなければいけません。最終電車に乗ると言って23時過ぎに帰りました。残った4人でひとしきり話していましたが、0時も回り明日は錬成大会の本番ということで、名残惜しいですが事務局長とは別のタクシーで本部の2人をホテルに送って帰宅しました。午前1時を回っていたようでした。
 翌朝、9時に本部の2人をホテルに私と竜次道場長が迎え、県武道館に向かいました。
10時から開会式です。国歌斉唱の後、久道場長の開会のあいさつ、県連盟会長としての私のあいさつ、本部派遣講師あいさつ、講師紹介と事務局からの日程説明と注意事項など予定通り滞りなく終了。10時半から早速基本錬成に入りました。昨夜の打ち合わせでは3組に分けて、同時に別々に行う予定でしたが、参加者が思いのほか少なかったので櫻井師範が1人で行いました。昼食を挟み午前中より人数が増えていましたので、午後は予定通り3ヶ所(小学3年生まで、小学高学年、中学生・高校生)に別れ、2単位行いました。
低学年クラスは、技の前に走ったり跳んだり、中・高生は真剣に技を習っています。
b0212413_054085.jpg
 かくして1日目は無事16時に終了しました。18時からは本部師範を囲んでの宮城県連盟の役員との懇親会です。昨夜の懇親会の何か?(まさかアルコール)がまだ残っているのか出だしは胃が重い感じでした。2時間飲み放題。しかも全国のお酒が置いてあり、どれでも好きなものを選べるのです。お酒の好きな人にはこたえられないことでしょう。私はアルコールは飲めませんのであまり関係はありませんが。それでも少しずついただいているうちに、徐々にピッチが上がっていきました。何故なのでしょう……?
 明日もあることですから、今日は二次会には行かないと決めていましたが、何となくまた次に行きそうになったところで、竜次道場長に止められ一緒に帰ってきました。一人ですとまた午前様になっていたかも知れません。早めに無事帰って来られて何よりでした。
 翌28日も朝9時に本部の2人をホテルで迎えて武道館へ。日曜日ですし、昨日より確実に人数は増えていましたので、昨日と同じクラス分けで3ヶ所同時に錬成です。
 子供たちの楽しそうな笑顔を見るのは何よりです。小さい子供は走ったり、飛んだり、跳ねたり、高学年は一所懸命に技を習っています。昨日と同じような光景が広がっています。
 昼食を終えた午後からは、まず道場単位の子供たちの演武です。そして地元講師の演武、県内の道場指導者演武、県連会長演武、締めとして本部櫻井師範の模範演武で今回の錬成は終了し、ただちに閉会式に移りました。錬成証の授与式では、合気道真眼会の山内楓哉君が代表して久道場長より授与されました。また、私どもの利府道場所属の阿部桃子さんがお礼のことばを述べました。阿部桃子さんの御礼のことばを下記に記しておきます。
b0212413_055796.jpg
「この度は2日間にわたり、合気道の指導をありがとうございました。この講習会で改めて合気道のすばらしさ、そして楽しさを知ることが出来ました。
2日間にわたって他の道場の人たち、小学生から、中学生、高校生までの年代の違う人たちが集まっての錬成大会は大変有意義で勉強になりました。
今回教えていただいたことを、錬成大会に来られなかった自分の道場の仲間の人たちにも伝え、また明日から合気道を一生懸命に稽古したいと思います。
本当にありがとうございました。
合気道神武錬成塾 利府道場 中学校1年 阿部桃子」
◆お礼の言葉

 素晴らしい御礼のことばでした。
 講師を代表して本部櫻井師範が「講評」を述べ、最後に県連盟の会長として私の締めのごあいさつで2日間に亘った「宮城県(仙台市)地方青少年合気道錬成大会」を成功裡に終えることが出来ました。
この大会に際しては多くの関係各位の方々のご協力をいただきましたことをまずもって感謝申し上げますとともに、送り迎えを、また長時間にわたって観覧席でご覧いただいた保護者の方にも深く深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
 今後とも「子供の部合気道」の行事などにはご理解を賜り、積極的にご協力いただけましたら幸いです。
b0212413_06787.jpg

◆「宮城県青少年合気道錬成大会」の「写真」はこちら


[PR]
by shinbu_369 | 2015-07-16 00:14