<   2015年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0212413_14493173.jpg
 子供の部合宿を始めて今年で「第26回」となりました。
 本年は、私の「古稀そして道歴50年」という年に当たります。
 この記念すべき年に子供合宿のバス代を出させて欲しいというある方のお申し出を受けました。最初は固辞したものの(詳細には書けませんが)、最終的には有り難くお受けさせていただくことになりました。
 今までは、様々な形での合宿でした。最初のころは人数も少なく、保護者の自家用車を何台か出してもらって、合宿所に行ったり、マイクロバス2台のうち1台はホテルのマイクロバス、1台はレンタカーを借りて塾生に運転を依頼して行ったり、また仙台から貸し切りバスで直接宿泊地まで行ったり(バスは1度帰り、翌日迎え)、最近は蔵王温泉のホテルから迎えに来ていただき、仙台→武道館→ホテル。帰りはホテル→仙台、という形でお願いしていました。
 ところが、旅行業法に引っかかるからということで、山形からは迎えに来てくれなくなりました。止むなく一昨年、昨年は仙台駅から電車(仙山線)で山形駅まで行き、そこでホテルのバスに迎えに来てもらう方式を取らざるを得ませんでした。
b0212413_14494769.jpg
 合気道の合宿ですから稽古は当然ですが、主催者としては「体験」も「遊び」も入れてあげたいものです。
しかし、ホテルの送迎バスですから、山形駅→武道館→ホテルの移動がやっと。何処にも連れていってあげることが出来ません。山形蔵王の山頂登山(といっても、ロープウェイで登ります)くらいです。昨年は山寺駅で降ろしてもらい山寺に行き、帰りは電車で帰ってきました。
 今年は貸し切りバスが使用できますので、たまには遊びもいいだろうと「リナワールド(東北最大級の遊園地と言われています)」に行くことにしました。
 過去の最大の参加者は、平成25年の112名でしたが、それよりも多く今年は114名が参加してくれました。
 バス3台ですから、参加者の人数に合わせて、1号車は利府道場出発、2号車は仙台南道場を出発して名取武道館を経由、3号車は泉武道館を出発して仙台駅東口、村田ICを経由して、それぞれ稽古場所の「山形県総合運動公園」に着きました。
b0212413_1450378.jpg
 今年は最初に大会議室で班と班長を発表し、班ごとに持参してきたお弁当をいただきました。
 一服の後、いよいよ稽古が始まります。
 子供たちが先輩から名前だけを受け継ぎ「合宿の恐怖の3時間稽古」と親しみをこめて呼んでおります。
最近は熱中症などには十分に気をつけて休憩、水分補給も行っているのですが、それでも今年も嘔吐したり、頭が痛いと言ったりする子供が出ました。
 昔でしたら、「頭が痛いくらいで休んでどうする」と叱り飛ばしていましたが、最近の子供さんは非常にひ弱です。何かあったら大変ですからすぐに休ませます。そのあたりは指導の難しさを痛感しております。
 それでも、まず整列させて、指導員の挨拶、注意事項などを済ませて、準備運動、クラス別・学年別の技の稽古、馬、クモ、ウサギなどと名付けた補強運動、晴美先輩の演武、竜次道場長の模範演武を見て、最後に全員で技の稽古など約2時間半の稽古を終えてホテルに向かいました。(今夏も猛暑のため、3時間稽古を2時間半と30分短縮しました。)
b0212413_14501653.jpg
 ホテルに到着し、直ぐ班長会議。その結果を班長は自分の班の子供たちに告げなければなりません。そして夕食までは自由時間です。この自由時間はおやつ禁止です。何故ならここでおやつを食べると夕食を十分食べることができません。そして、夜お腹が空くという悪循環に陥るからです。
 夕食を終え、花火を配るために大きな部屋に集合です。ここで、例年の花火を巡っての大バトルが始まります。みんなに花火を渡そうとしていたところに悪者が出て来て花火を取り、皆を散々苛めて持ち帰ろうとするのですが、最後に正義の味方道場長が出て来て悪者を退治し無事花火を取り返し合宿に参加している良い子に無事手渡されるというたわいもない寸劇なのですが、若手の指導員とか、大学生・高校生が演じてくれるため、毎年大好評なのです。
b0212413_14503461.jpg
 そして、外に出て花火。再び自由時間。この間に班ごとに順番にお風呂に入ります。
 消灯後の就寝が大変です。テンションが皆上がっていますから寝かせるのに大変です。
 私たち大人の部屋はビールをいただきながら談笑していますので、どうしても寝られない子供たちは私たちの部屋に遊びに来ます。高学年、中学生はまあいいかと許しておりますので、今年も何人かの子供たちが遊びに来ていました。
 翌日は6時半起床、40分に集合して準備体操後、学年毎にマラソン、ジョギング、散策などで過ごします。
 朝食後、塾長講話です。毎年夜花火の前に30分くらい話すのですが、今年は時間が比較的ありましたから、その時大きな話題になっていました「安全保障」関連のことを織り交ぜながら、感謝などのお話をさせていただきました。小さな子供さんには少し難しいところもあったでしょうが、1時間近く話を致しました。
 その後、帯の結び方…小さい子供は自分で結べるように、大きな子供は小さい子供の帯を結んだり、直してあげられるように…
b0212413_1451383.jpg
 その後はリナワールドでの過ごし方です。この時には班ごとに行動するのは可哀想なので(原則として合宿では班単位の行動、班長が班全体をリード、そして大きな子供が小さい子の面倒をみる、小さい子は大きな子の言いつけを守れるようにと指導しております)、お互いに一緒に行動する組をまず決め(だいたい同じ学年の子供たちどうして行動したいものです)、小さい子、ジェットコースターに乗れない子は先輩たちが面倒を見る等対策を講じました。
b0212413_14511971.jpg
 そして、ホテルで早めに昼食のカレーをいただき、11時半ホテルを出発、リナワールドには約30分で着きました。12時くらいから16時半まで、たっぷり4時間半リナワールドで過ごしました。乗り放題の券を皆さんに渡しましたので、全員が遊園地を満喫したようでした。ただ私たち大人はあまりにも暑いので閉口したのも事実です。
 17時にリナワールドを発ち、それぞれの出発地へと帰って行きました。思いがけないバスの援助があり、ひときわ楽しい夏合宿を体験しました。バスを提供してくださった方にこのブログを通して有り難く厚く御礼を申し上げます。
◆夏合宿の写真はこちら
b0212413_14513065.jpg

b0212413_14524248.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2015-10-06 14:52