<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0212413_15304976.jpg平成28年5月22日(日)泉武道館にて子供の部『合同審査会』及び『合同稽古』が行われました。

初めに合同稽古をクラス別に分けて行いました。

指導は、塾長・道場長・門馬指導員の3つのグループに分かれ熱のこもった細かい指導が行われ、参加者の子供達もいつも以上に真剣に稽古に取り組んでいました。

合同審査会では沢山の先生と保護者の視線が集まり、子供達は緊張の中で一生懸命に審査を行いました。

初めて受験する子の中には緊張のあまり、泣きだす子もいましたが、なんとか最後まで頑張っていました。

この緊張感を体験し乗り越えていくことが子供の成長にとって重要で役立つものだと思います。

審査の最後には、女性指導者の佐川晴美三段と白川竜次道場長の模範演武が行われました。

結果については、指導員が慎重に審議し各道場・教室にて発表されます。

審査受験者の皆様、お疲れ様でした!

発表を楽しみに待っていて下さい。

◇写真はこちら

◇動画はこちら↓

[PR]
by shinbu_369 | 2016-05-28 10:00
 b0212413_14273993.jpg本年もA.K.I(合気道研究会インターナショナル)代表・武田 義信先生よりご招待をいただき、5月8日(日)、「春季鶴岡八幡宮 菖蒲祭 合気道奉納演武大会」に参加させていただきました。
 演武大会に先立ち道主の記念講習会が開催されるのですが、今年は道主が「鶴岡八幡宮研修道場合気道科」の顧問になられてから20周年という節目の記念大会でした。
 私もあの3,11大震災の翌年から招待されていますので、今年で5年目となります。
 朝5時過ぎに家を出、鎌倉には9時11分に着きました。毎年多くの方が集まりますが、今年は記念大会ということで300名近くの方々の参加があったようです。
 200畳以上ある広い道場も沢山の人で、狭く感じて大きく受けは取れません。毎回道主先生の指示される基本の技を忠実に稽古させていただきました。
 毎年いい天気に恵まれるのですが、今年は特に快晴で気持ちの良い稽古が出来ました。
 やはり、室内の稽古でも外の天気が良いと気分は晴れ晴れとするようです。
第一部…9:50~11:20の道主先生による「奉納研修稽古」
第二部…11:40~12:40「奉納演武(Ⅰ)」、小休止をはさんで、 
第三部…12:45~14:20「奉納演武(Ⅱ)」そして、
第四部…15:00~17:00「直会」
 以上のような日程で滞りなく記念行事を終えました。
 本年は仙台から私と道場長、そして転勤になって現在大和市に住んでいる石川さんが参加しましたので、私の受けは、道場長と石川さんにお願いしました。
 17:27鎌倉発、千葉行きの電車に乗り、20時過ぎに自宅に帰り着き、長い長い1日もようやく終わり、ホッと一息ついて湯船に浸かりました。

 本年は前述したとおり「道主顧問師範就任20周年」となる節目の記念大会となりました。
武田先生そしてA.K.Iと関係者の皆様、まことにおめでとうございました。


b0212413_073427.jpg

b0212413_074753.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2016-05-15 10:00
b0212413_17123769.jpg青葉カルチャー教室の影山舞さんが学校で『私の好きなもの』という授業があり、合気道を紹介してくれました。

ご一読下さい。

合気道には技を覚える楽しさと帯の色が上になっていく面白さがあります。
写真は相手の手首をつかみ相手が動けないようにするという技を練習しているところです。
相手が攻撃してきたら、両手で手首をつかみます。他にも自分から攻撃してみたりして、いろいろな技のパターンを知ることが出来て、
だんだん合気道が好きになってきます。
またみんなで協力しあうという楽しさもあります。それぞれ得意な技、好きな技などをお互いに教え合ったりします。
授業の最初に『合気道の心構え』を唱えますが『争いをなくす』という所が、守られているなと思う場面が沢山あります。
このように、合気道では相手とお互いに練習しあったり教えあったりしてどんどん技に関心をもち楽しくなります。

合氣道を学ぶ心構え

一、合気道を通して、感謝の心を学びます
一、合気道を通して、思いやりの心を育てます
一、合気道を通して、調和の心を学びます
一、合気道を通して、争いの心をなくします
一、合気道を通して、礼儀作法を身につけます

青葉カルチャー教室 影山舞
b0212413_17124667.jpg
b0212413_17125246.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2016-05-09 17:13