鶴岡八幡宮 菖蒲祭…平成27年5月

b0212413_061923.jpg
平成27年度 鶴岡八幡宮 菖蒲祭
   合気道奉納演武大会
  2011.3.11 東北大震災・復興祈願

 合気道研究会インターナショナル(A.K.I)代表 武田 義信先生に今年もご招待をいただきました。武田先生にはあの大震災からの東北の復興を非常に気遣ってくださり、翌年の菖蒲祭から毎年お呼びいただいております。
 最初の年はゴールデンウィーク期間中で、私どもの塾もお休みでしたから前日に鎌倉で宿泊し、午前9時の正式参拝から参列させていただき貴重な体験をさせていただきました。
 その後は、ゴールデンウィーク明けの土曜日か日曜日となりましたので、2日間私と道場長が留守をするわけにも参りませんので、仙台を朝一番の新幹線で駆けつけております。
 本年は5月10日(日)でした。私の他に竜次道場長そして、阿部宗玄君を同行して午前9時半頃鶴岡八幡宮に到着。受付を済ませ、道衣に着替えた後すぐ10時から「道主・奉納研修稽古」と銘うっての講習会が始まりました。200畳以上ある広さの道場も人、人、人でいっぱいです。例年は200人前後の参加者だそうですが、今年は約230名の方が参加されたとのことでした。b0212413_063448.jpg
 本年の道主の御側付は鈴木俊雄指導員、内田直人指導員の二人です。道場長も阿部君もここぞとばかり何度も一緒に稽古しておりました。私も二人と稽古を致しました。汗びっしょりです。道主の講習会は2時間以内であれば休憩は全く取りません。それを一つのポリシーとされておられるようです。今回も1時間半という講習会でしたから、もちろん休憩はありませんでした。正直言って私も若い人と一緒になって休憩なしで稽古するのは大変です。が、私も講習会に出た時には講師が誰であろうと、出来るだけ休まずに稽古するというのがポリシーです。終わった時にホッとするのも事実です。
 少し休憩した後、演武大会が始まりました。パンフレットを見ると高段者ばかりです。団体演武の場合には団体名しか掲載されていませんが、指導者名のところに段位が書かれています。全員で35名掲載されておりますが、八段…1名、七段…14名、六段…12名、五段…八名です。賛助団体の指導者のお名前もありますが、1団体の演武大会でこれだけの高段者が集うのもあまり例がないのではないでしょうか。
b0212413_07517.jpg
 第一部、第二部に分かれ、私は第二部の賛助団体演武に出させていただきました。今年は竜次道場長が最初に阿部君の受けで演武を行い、その後私が演武を行いました。
 最後の締めは、「総合演武」と題して植芝守央道主が演武をされました。
 後は場所を移しての「直会」です。終了後は阿部君が初めて「鶴岡八幡宮」に来ましたので、ゆっくりお参りをして、鎌倉を後にいたしました。
b0212413_014684.jpg


[PR]
by shinbu_369 | 2015-06-25 00:14