2016年 合気神社例大祭…平成28年4月

b0212413_19391323.jpg平成28年4月29日『合気神社例大祭』に参拝させていただきました。
帰りは開祖が修業された『愛宕神社』にて参拝させていただきました。

 本年は10名(利府道場…阿部、梅澤、齋藤、仙台南道場…櫻田、高城、泉教室…佐川姉弟、須藤、道場長、私)で参拝させていただきました。
 車2台に分乗、前日友部SAに9時45分集合ということにし、1台は利府道場を6時に出発、私の乗った車は、仙台南道場を6時半出発いたしました。
 車の中で阿部君は6年ぶりの参拝だと、以前の写真をスマホで見せてくれました。その写真を見ると6年前は6人で参拝しておりました。
 私たちは途中1度約15分コーヒータイムのため休憩、もう1台は中郷SAで朝食をとったとのことでした。その朝食時間の違いか、30分早く出発した車より私たちの車が9時10分ともう1台の車より5分程早く友部SAに着きました。ここでやはり15分くらい休憩の後、今度は2台で岩間に向かいました。岩間駅の臨時駐車場に9時45分に到着。こんなに早い到着は初めてのことです。まだほとんど車は止まっておりません。岩間駅の西口から構内を通って東口に降り、開祖の胸像の前で全員で写真を撮りました。
 開祖のご尊影と道歌が書かれている碑文とでも言えばよいのか、5体ほど神社に行くまでの道筋に建てられています。その碑文を確認しながらゆっくりと散策、神社に到着しました。受付を済ませ、例年通り小林道場の大きなブルーシートの隣に私たちのシートを敷かせていただき、準備は完了。後は思い思いに境内を見て歩きます。境内の中の開祖の銅像がありますので、その前でも皆さんで撮影。後は時間まで、日野さん、ミハイなどと拝殿の前で立って待っておりました。40分以上も立っていたでしょうか、10時55分に祭主を先頭に祭員、道主、若先生と進んで来られ拝殿に上がられました。
b0212413_19392920.jpg
 「祓式行事」、祭主による「合気神社大祭祝詞奏上」、全員で「神言(かみごと)」を奏上、一般に言うところの「大祓詞(おほはらひのことば)…中臣祓(なかとみのはらひ)」です。玉串捧奠、それが終って、祭主による「祖霊奉告」、「開祖・吉祥丸道主慰霊祭祝詞」、「玉串捧呈」、全員で「天津祝詞」を奏上、儀式は12時10分に終了。祭主祭員が退殿の後、主催者挨拶ということで道主が挨拶をされ、奉納演武です。最初は道場長による「座技、半身半立ち」の演武、そして道主の総合演武ですべての神事は約12時半に終了。
境内で思い思いにシートを敷いた所に皆さん異動です。今年は本部の小林幸光先生から直会の入場券を5枚いただきましたから、初めて参拝された櫻田さん、齋藤さん、そして私と道場長、阿部君の5人で岩間道場での直会に参加させていただきました。
 菅原本部指導部長の司会で直会が始まり、若先生のご挨拶、来賓の祝辞、紹介、乾杯です。
 境内での皆さんも道場での乾杯が始まるまではお預けとなっています。
 乾杯の後は、それぞれにぎやかにグループごとに歓談です。道場での直会は早々に引き上げ皆さんのところに帰ってきました。
 週間天気予報では雨。昨日も大雨が降り、大変心配をしていましたが、すっかり晴れ上がり、暑くもなく寒くもなく、大祭日和となりました。私の記憶では雨になったことはありません。さすが開祖のお力だと皆さんと話しました。直会途中ほんの少しパラっときましたがすぐに止みました。
 クーラーボックスに缶ビールを持参し、梅澤さんが1升瓶のお酒、本部からの1升瓶をいただきました。道中の車の運転をされない塾生も、朝の集合場所からは運転をして帰らなければならないので皆さん飲まれません。毎年のことですがお神酒をいただくのはほとんど私だけです。その間、慣例の道主、奥様、若先生がグループを回って、それぞれのシートに座って一緒に記念写真を撮ってくださいます。
b0212413_1939397.jpg
 その後は、小林先生のシート、石垣先生のシート、今年は静岡の石芯塾の石原先生のグループにも呼ばれ、ご一緒させていただきお神酒をいただきながらの談笑。
 その間私どもの塾生の方は何をして待っておられたのでしょう? ちょっと気の毒だなあと思い、ひょっと周りを見渡してみると大半のグループはもういなくなっております。
 急いで石原先生に辞去のご挨拶をし、みんなで歩いて駐車場に行きましたが、なんと車は私たちの2台だけ。後は皆さん帰られたようです。今年はみなさん帰られるのが少し早いような気もします。
 そして、開祖が修行されたという「愛宕神社」にお参りにまいりました。
 表参道の駐車場に車を止めて、階段を歩いて昇ります。私は最初の段落20段くらいでしょうか?昇ったところで、急に酔いが回ってきて冷や汗がして足元がおぼつかなくなったので、昇るのを断念。みなさんが降りてくるのを座って待っておりました。
 上で竜次道場長が小林先生に会ったのでしょう。そして私がいないのでどうしたのかと聞かれ、下で待っていると答えると、小林先生に「修行が足りんと言っておけ」と言われましたとのこと。
 私は、小林先生はそう言われたけど、「どうせ先生は車で裏参道を行かれたのでしょうから」と思っておりましたが、後でいろいろな方の写真、フェイスブックなどを見ると、先生は表参道の階段を昇って行かれたようでした。御年80歳になられる先生よりだらしないとは、ほんとに恥ずかしいことです。来年は少しお神酒を控えて表参道の階段を昇ってお参りをしなければと大いに反省をいたしました。
 そして、2台はそこで別れ、それぞれの車でそれぞれのペースで帰路につきました。

◆写真はこちら
b0212413_1744203.jpg

b0212413_1718489.jpg
b0212413_1719133.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2016-04-30 17:44