平成29年鏡開き(餅つき大会)

b0212413_15111024.jpg平成29年1月15日、本部・利府道場において恒例の鏡開き(餅つき大会)が開催されました。

 鏡開きですが、餅つきの前に全員道場に集まっていただき、細山勇親睦会長のご挨拶から始まりました。
 その後の儀式はもともと私の本職でありますので、装束(白衣、白袴、白の狩衣)に着替え、お祓い、祝詞奏上、玉串拝礼(私、傘下道場の代表として石村道場・石村基道場長、子供の部塾生代表として3名〈中学生・三品綾乃さん、小学生・中島陽君、河瀬凜華さん〉、一般の部塾生代表、齋藤一朗さん、保護者代表志摩哲也さん、最後に細山親睦会長…会長に合わせて道場におられる方全員に一緒に拝礼していただきました)。と型どおりに祭儀を執り行わせていただきました。
 その後私のご挨拶で、今年は何年ですかと尋ねますと「2017年」ですと、西暦で言われる方が非常に多くなってまいりました。西暦は確かに便利ですが、日本には和暦というものがあります。即ち「元号」で、今年は「平成29年」です。その元号をぜひ使っていただきたいと思います。皆さん個人にも誕生日があるように日本にも誕生日があります。それが2月11日です。では何歳でしょう?
 日本の誕生は神武天皇が橿原の地で即位した年を日本の起源とし、それは紀元前660年、西暦に660年を足していただくのです。ですから今年日本は2677歳となります。それを皇紀と言いますので、今年は「皇紀2677年」であります。
b0212413_15112342.jpg
 日本人の知識として、西暦ばかりではなくこの和暦「平成」と「皇紀」はぜひ覚えておいてほしいものです。
 では、もう一つ、現在の天皇は第何代に当たりますか?
 もちろんほとんどの人は知りませんし、考えたこともないでしょう。現天皇は「125代」に当たりますし、平成天皇ではありません。天皇が崩御して初めてその徳をたたえて諡名(おくりな)として、平成天皇になられるのです。今退位の問題が起きていますので、今後、元号の捉え方が変わる可能性はありますが、明治以降「元号は天皇一代限り」と決められました。それまでは、天変地異などがあった時に縁起が悪いということで元号を変えて来ました。ですから現在の天皇をお呼びするときには「今上天皇(きんじょうてんのう)」とお呼びするのであって、平成天皇ではありません。
 また、今年の干支(えと)を尋ねますと「酉(とり)」年と答えられますが、もともと干支は、干は幹(みき)であり、支は枝(えだ)であり、幹と枝で干支なんです。
 十干十二支といい、十干は、甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸(きのえ、きのと、ひのえ、ひのと、つちのえ、つちのと、かのえ、かのと、みずのえ、みずのと)、十二支は、子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥で甲子(きのえね)から始まります。大正13年がこの甲子の年で、その年に出来たから「甲子園」と名付けたのだそうです。
 歴史でも「壬申の乱」という言い方がありますが、これは「みずのえさる」年に起こった乱であります。
 また十干十二支の組み合わせが60組あるので、満60歳、数え年61歳で元の干支に帰るので「還暦」というのです。とかの話させていただき、このような日本の歴史に関わることを見直したり、勉強することによって日本の歴史を知ることができます。
 また戦後は「日本が悪いことをした」という、自虐史観に囚われていますが、世は列強の植民地政策で帝国主義の真っただ中、アジア諸国は西洋列強の植民地になって搾取されていました。それを解放しようと立ち上がったのがあの「大東亜戦争」なのであります。
 日本は戦後GHQの政策で骨抜きにされてしまいましたが、必ずしも日本だけが「悪」ではなかったのです。 正しい歴史を学んだうえで、それでも「日本が嫌い」なら仕方がありませんが、正しい日本の歴史を知って、「日本を好き」になってもらいたい。というようなことを正月早々ですが話をさせていただきました。
b0212413_15113419.jpg
 今冬第一級の寒波の影響で大変寒い日となりましたが、心配していた雪も降らず、時折晴れ間も見えました。さすがに外はかなりの冷え込みようでしたが、寒さをものともせず子供たちは元気に餅をついてくれました。ちなみに、昨日の仙台は今冬初めての真冬日(最高気温が氷点下の日のこと)でした。
 寒さの影響で家族のどなたかが風邪でも引かれたのでしょう? 申し込み(奇しくも昨年と全く同じ152名)をされていたのに、欠席をされたご家族が何家族かいたようでした。

 今年も親睦会の役員始め、塾生、保護者の方々の多大なるご協力により美味しいお餅を沢山いただくことが出来ました。

 お手伝いいただいた役員・塾生・保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 本年の合気会本部の「推薦昇段者発表…1月8日」において、竜次道場長、鈴木康弘指導員が六段位に列せられましたことをご報告させていただくとともに、本年は「合気道神武錬成塾創立30周年」の記念の年となります。記念合宿を行うことは決めておりますし、「第55回全日本合気道演武大会…5月27日、於:日本武道館」に「道場演武」で参加したいと本部にお願いをいたしました。
 祝賀会をどうしよう? とか、いろいろ企画を練っているところですので、塾生の皆様でお互いに協力をしながら、「より良い一年」にしたいものだと念願しているところです。
 塾生の皆様本年もよろしくお願い申し上げます。


◆写真はこちら

b0212413_1836747.jpg

[PR]
by shinbu_369 | 2017-01-15 18:36