3・11大震災後、二ヶ月たった頃から河北新報に訃報広告が頻繁に掲載されるようになりました。
複数のお名前が掲載されている場合はすべて震災によりと書かれています。二人連名、三人連名もほんとに多く見られましたが、中でも一番悲惨に思われましたのは、「父・母・妻・長男・次男」を亡くされた喪主の方です。心中いかばかりかとお察し申し上げるほかにはありません。
私のところの塾生も震災後、家とお母さんを流された、お祖父ちゃんを流された、祖父母の家が流された、会社が無くなった、支店がなくなり転勤した、会社の再建が危ぶまれリストラにあった、車を流された、一階部分が浸水し未だに二階に住んでいる。避難所に行ったのはいいが、一週間はおにぎり一個とパン一つしかなく痩せてしまったなど等……震災にまつわる不幸な話は一杯伝わってきました。
b0212413_1644288.jpg
ほんとにその都度涙なくしては聞けないものばかりです。
が、このたびもっとも衝撃なことをお聞きしました。小学2年生の女の子Wちゃん。
 4歳のときに塾に入り、喜んで合気道の稽古をしていたWちゃんですが、震災前の2月お母さんから電話が入り、親(Wちゃんのお祖父ちゃん)の痴呆が激しくなり一時も目を離せないので合気道の送り迎えが困難になったとのことで、落ち着くまで退会したいとのことでした。「退会しなくとも落ち着いたらまた来られるように休会にしておいたらどうでしょうか?」と言ったのですが、「落ち着くまで何年かかるか分かりませんので一度退会します」とのことでした。もちろん「落ち着く」ということは「死」を意味しますから、早く復帰してくださいとはいえません。「早く復帰できると言うことは早く死んで」ということになってしまいますので、分かりましたとだけしか答えることは出来ませんでした。
 そして、あの大震災。Wちゃんの住まいは津波にあった亘理町の荒浜です。心配をしていましたが、避難所でWちゃんの姿を見かけたという人がいましたので、まさか小学2年生の子供が一人で避難所にいるはずはないので家族の方と一緒に避難しているものとばかり思っていました。
 ところが、最近教えていただいたのですが、「お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さん、妹さん家族全員」が津波に飲み込まれ、学校にいたWちゃん一人助かったのだそうです。そして中国地方のお母さんの実家に引き取られて行ったというのです。お母さんの実家ということは先方にとってはかわいいお孫さんですから、おばあちゃんの家に引き取られたのであればかわいがってはもらえるでしょうが、Wちゃんの心の奥にとてつもない悲しみのトラウマがいつまでも残ってしまわないか、可哀想なんて一言で片付けられない何ともやるせない思いです。
b0212413_16414328.jpg
 財産(物質的な物)でも宮城県の瓦礫は通常の23年分だそうです。今瓦礫を撤去していますがほとんど片付いていません。これには行政の予算のつけ方がよくないように県知事は発言しております。国でお金を出すのだがそのやり方が市町村にとってはとてもやりづらいとのことですし、目に見えないところに片付けるまでに3年、実質的に片付くまでには何年かかるか分からないと見通しが全く立っていません。3ヶ月近くたってもこれでは被災者はどうなるのでしょう。
そして全国に散らばったこのような悲惨な方たち、また原発で苦しんでいる福島の方々も全国に散らばっていることでしょう。このような方々の心のケアを国は真剣に考えているのでしょうか。
 こんな話しも聞きました。ある避難所に100人いた、そしておにぎりが80個しか届かなかった。これでは一人一個当たらないから配るのはやめて持ち帰り結局腐らせて捨ててしまったとのことです。こんなことはブラックジョークであって欲しい。しかしこれが現実、残念ながら事実だそうです。
 日本人の我慢強さが外国で賞賛されています。数が足りなくて行政がうまく分けられなくとも、本日はこれだけしかおにぎりがありません。ここにおきますから皆さんで分けてくださいと言えば、被災者同士がうまく分けるでしょう。決して取り合いの喧嘩なんかするはずがありません。しかし、行政は不平等なことはできないといってお腹のすいた被災者を目の前におにぎりを持ち帰って結局腐らせてしまったということです。
 この持ち帰った職員も他の所でそんなことが有ったと聞けば何を馬鹿なことをしているのだと思うでしょう。が自分が同じ立場になったとき、一部の人の非難を恐れて結局このような態度を取ってしまう。今日の日本の悪い平等思想に行政はにっちもさっちも行かない状況に置かれているのです。個人個人はほんとに優れているのに、とても残念なことです。
b0212413_16415972.gif
 昨日の「内閣不信任案」に対する民主党の内紛、どたばた劇、あきれてものもいえません。口を開けば国民のためと言っていますが、ほんとに国民のためを思っている政治家は何人いるのでしょう。
[PR]
# by shinbu_369 | 2011-06-03 15:44
 3・11からはや二ケ月。
 地震、津波、原発、風評被害、何重にも苦しんでいる方がいる。
 5月11日現在、死者…14,981人、行方不明者…9,853人、避難者…115,098人。
 学校は200校以上が全壊して授業の再開の見込みが立たず他の学校で間借をしている状態、東北地方の7路線も全く復旧の見込みが立たない。
 テレビに映し出される光景は目を覆うばかり。しかし、実際に被害状況を見た方の話ではテレビの映像などはまだまだ悲惨さを全て映し出されていない……
b0212413_15404445.jpg
 悲しい現実を見聞きするたびに涙腺が緩んで仕方がありません。すぐ涙が出てきてしまうのです。年を取る・年齢を重ねるとはこういうことなのでしょうか?

 インターネットで大震災関係を調べていましたら、
 「産業技術総合研究所の宍倉正展さんは、平成16年…宮城、福島県の沿岸の地層をボーリング調査で解析し、貞観地震の津波が運んだ砂の層の分布から津波の到達域を特定。太平洋沖を震源とする巨大海溝型地震が、大規模な津波を起こしたことを突き止めたそうである。
 貞観地震とは、869(貞観11)年に東北地方を襲った巨大地震・津波であり、その実態を解明し、「規模はマグニチュード(M)8・3より大きい」と推定。ボーリング調査では、東北地方は500~1千年の間隔で、繰り返し巨大津波に襲われていることも判明した。
 また、別のグループ、東北大学大学院理学研究科箕浦幸治教授は今村文彦災害制御研究センター教授と共同で、津波の堆積物で放射性炭素を用いて年代を測定したところ、過去3000年間に3度、津波が溯上したと試算された。これらのうち先史時代と推定される2つの津波は、堆積物分布域の広がりから、規模が貞観津波に匹敵すると推察される。
 津波堆積物の周期性と堆積物年代測定結果から、津波による海水の溯上が800年から1100年に1度発生していると 推定された。
 1990年「東北日本における巨大津波の発生と周期」、2000年「貞観津波堆積物の発見とその意義」、などの研究により、貞観津波の襲来から既に1100年余の時が経ており、周期性を考慮するならば、 仙台湾沖で巨大な津波がいつ発生してもおかしくないと警鐘を鳴らしていたが、東大の地震学者、命よりコストを重視する電力各社ならびに経済界、それと一心同体の政府、なにも考えず盲従する支持者、マスコミ関係者などはそれを黙殺したのであるから、まさしく人災と断じても良いと思う。」
 以上のような情報がありました。
b0212413_1540541.jpg
 しかし、マスコミに派手に取り上げられようと、いかに警鐘を鳴らされようと一般の私たちも素直に聞いたとはとても思われません。
 千年に一度大地震が起こり、大津波が来るといわれても現実とは捉えなかったでしょう。それだけ人は「喉元過ぎれば…」ではないでしょうか。千年に一度というあまりにも現実離れした話です。が、そうではありませんでした。現実に起こってしまいました。
そして、悲惨なことは同じですが、過去に比べて今回は原発という厄介なものを抱え込んでいます。 住み慣れた土地から「強制退去」という現実。
 どのように対処していけばいいのか? ほんとに出口が見えません。
 でも、残された…生き残った私たちは生きていかなければなりません。
 「起こってしまった事、今後起きることは全て理由がある。人類がより良い社会を構築する上で必要なことである」という捉えかたがあります。
 そうであれば、被害にあった方には大変申し訳ないことですが、大自然からの何らかのメッセージが含まれているはずです。
 幸いにも生き残った私たちにはそのメッセージを考え続けていかなければなりません。そうでなければ多くの方の命は報われません。
 死ぬまで今回のメッセージを日本人だけでなく、世界の全ての人々が考え続けていかなければいけないのかもしれません。
3・11を境に世の中は「確実に変わった」と言われています。
 この未曾有の災害を考え続けることにより、よりよく変わっていって欲しいものです。
 多くの最近の日本人は確かに過去の日本人ではなかったように思います。異質なものに変わろうとしていたように思います。
 それがこの3・11により過去の日本人のより良きDNAが現れつつあるようにも思われます。
 復興に向かっていく途上で私たち一人一人の日本人がもう一度深く考えなければいけないことだと思われます。
 そうしなければ今回被害にあわれた方々が安らかに眠ることは出来ません。
b0212413_1541140.jpg
[PR]
# by shinbu_369 | 2011-05-13 01:17
 あれだけ大きな地震を体験しながら、油断をしていました。余震は本震より小さいと思い込んでいました。
 ライフラインの中ではまず、4日目に電気が復旧し、水道も約一週間で出るようになり後はガス待ちでありましたが、度重なる余震のためか3月19日に再び断水、これは幸いにして2日くらいで回復しましたが、ガスは約3週間ストップしたままでした。
 ようやく全てが回復したのが、4月4日。
 当初ガスの復旧は早くて一ヶ月といわれていたものが、全国からガス業者の方々が多い時で4500人も応援に来て工事を急ピッチで進めてくださったお陰です。
 ニュースでは、応援に来てくださった方が「同じガス業者として何日もガスが供給できないということを見過ごしておくのは忍びない、心苦しい…」と言っておられました。
  職人さんではありませんが、日本人の職人魂を見た思いでほんとにありがたさで一杯でした。昔は一人一人がこのような日本人ばかりだったのでしょう。この未曾有の災害により多くの日本人がよきDNAを取り戻したように思われます。
 ライフラインが全て復旧し、後片付けも進み家の中もほぼ元通りに整理した4週間目の4月7日の夜、再び震度6強の地震に見舞われました。
 3・11の本震よりも時間は短かったですが、ある意味揺れは大きかったかもしれません。
 せっかく片付けた物が見事に前以上に崩れてしまいました。
b0212413_83719.jpg
夜中の11時32分の出来事です。幸い私の家ではまだ全員が起きていました。
寝室では私のベッドの上にタンスが乗っかっています。タンスといっても小さな高さ65センチのものです。作り付けのタンス(高さ90センチ)の上に置いていたのですが、ベッドとは約一メートル離れていますので、ごろんと転がり落ちたのでは絶対にベッドの上に乗ることはありません。きっと空中を飛んで落ちたのでしょう。寝ていれば死んではいないでしょうが怪我をしていたのは間違いのないところでした。
 そして、再びローソクの生活に逆戻りです。
b0212413_8373032.jpg
 利府道場も停電、断水で稽古を再開したのに再び何日かお休みしてしまいました。
 本震一ヵ月後の4月11日の河北新報によると、10日までに震度4以上の余震は94回、有感余震は1220回を数えるそうです。
 そして、今も日に何度も不気味に揺れ続け、たまに震度4とか5とやや大きめの余震が続いています。もういいかげんにしてほしいと思うのですが、まだまだマグニチュード8クラスの余震がいつ起きてもおかしくないと専門家は言っています。
[PR]
# by shinbu_369 | 2011-04-23 07:38
 4月に入りライフラインの復旧も進み、徐々にお店なども開店して復興に向かって進みはじめました。問題だったガソリンの供給も安定しつつあるようです。
 ただ、原発は今なお予断を許さない危険な状態が続いており心配をしております。
 そんな中にあっても、子供さんの保護者の方、また一般部の塾生からも早く教室を再開して欲しいという要望もたくさんいただくようになりました。

 しかし、残念ながら各地の武道館は大きく破壊されたり、避難所になっていたりして、現在使用不可能となっております。
 したがって、再開の目処は全く立っておりません。

 現在は、『利府道場』『仙台南道場』『荒巻教室』だけが通常稽古を行っております。
 また、多くの塾生の要望に答える為に、『利府道場』では泉教室の代替として金曜日も稽古をすることといたしました。
…金曜日は4月8日より開始いたします。…

 仙南方面の教室の方は所属教室が再開されるまで、『仙台南道場』で稽古をしていただきたいと思います。現在の仙台南道場の稽古時間に加え、「大河原教室」が再開されるまで、「子供の部」は土曜日も稽古をすることにいたしました。
  …土曜日は4月9日より開始いたします。…

 全塾生の皆様、『利府道場・仙台南道場・荒巻教室』にて、自由に稽古して下さい。会費は今まで通りで結構です。稽古で会えるのを楽しみにしております。

 稽古日時などは、「おしらせ」にて確認してください。
 
 また、避難所に居られたり、稽古できる状態でない塾生の皆様の一日も早い復興を心より待ち望んでおります。

 なお、「仙台青葉カルチャー教室」、「泉パークタウンカルチャー教室」は、通常となりましたことをご報告いたします。
[PR]
# by shinbu_369 | 2011-04-05 13:04
 このたびの「3,11・東日本大震災」により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに被害を受けられた多くの皆様に、心からお見舞い申し上げます。

 かつて経験したことのない巨大地震そして津波の発生から約3週間経ちました。原発は今なお予断を許さない危険な状況が続いておりますし、ここ仙台でも未だライフラインは完全に復旧しておりません。
 徐々にお店も開店し復興に向かって進みはじめようとしているのですが、ガソリン不足が復旧を妨げております。
 しかし、嘆いているだけでは事態は改善されません。今後は政府・行政・企業・個人が一体となって復興に取り組まなければいけない時期にきております。
 企業も一所懸命に正常化を目指しておりますが、取引先、従業員、経営者自身の被災など様々な要因でまだまだ震災前のように活動が出来ているところは少ないようです。
 多くの報道関係などでも指摘しているように、各々が出来ることからまず始めていくことも大切なことだと思います。
 では、「合氣道神武錬成塾」では何が出来るのか?  と考えたとき、合気道の稽古を通して、塾生の皆さまに少しでも明るさを取り戻していただくことです。
 そこで、27日(日)から「利府道場・仙台南道場」、「荒巻教室」は通常通り稽古を再開させていただくことになりました。
 こんな時期にとお叱りを受けるかもしれませんが、稽古再開を待ち望んでいる方がおられるのもまた事実です。
「こんな時期に合気道?」
「こんな時こそ合気道!」
 なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。
 他所属の教室の方も自由に稽古に参加してください。
[PR]
# by shinbu_369 | 2011-03-30 22:21